記事総数:16

公開済みのまとめ


知っておきたいペットの医療保険とペット賠償責任特約

知っておきたいペットの医療保険とペット賠償責任特約

犬や猫のペットには、人間のような公的な健康保険制度がありません。愛犬が怪我や病気になった時には、思わぬ高額の医療費がかかることになります。ペットの平均寿命が延びたのは、医療が進歩したことのおかげですが、人間と同じように長寿社会で安心して暮らしていくための、犬猫専用の医療保険や傷害保険が整備されてきています。


犬といっしょに旅に出よう

犬といっしょに旅に出よう

旅行に行く場合、これまでは、親戚や友人に預ける、あるいはペットホテルに預けるなど、犬は一緒に連れていけないことがほとんどでした。しかし最近では、犬同伴可能なペンションやキャンプ場、ホテルや旅館も増えてきています。そのため、家族の一員である愛犬を連れて旅行に出かける人も多くなっているようです。


全身が毛で覆われている犬が、洋服を着る理由って?

全身が毛で覆われている犬が、洋服を着る理由って?

最近では、服を着ている犬を多く見かけるようになりました。犬は人間と違い、全身が毛で覆われているのに服は必要なのでしょうか。犬に服を着せる理由や目的はいくつかあります。犬の毛の種類や犬が服を着る理由について見ていきます。


遊びながら、子犬の運動能力・考える力を伸ばすおもちゃ

遊びながら、子犬の運動能力・考える力を伸ばすおもちゃ

ペットショップには、色とりどりのボール、木製のおもちゃ、布製のひっぱり紐のおもちゃなどが並んでいます。子犬の頃は特に好奇心が旺盛ですから、それにこたえるおもちゃを与えて遊ばせることは、子犬の心身の成長にも役に立ちます。どんなおもちゃがあるのか、おもちゃを買う場合はどのような点に注意するべきかを見て行きましょう。


飼い始めが大切。子犬とトイレシーツ、トイレトレーニングについて

飼い始めが大切。子犬とトイレシーツ、トイレトレーニングについて

犬にとっても排泄は日々欠かせない生理現象です。ですから、犬を飼う場合、トイレの問題はとても重要なテーマです。トイレシーツも専用トイレトレイも、はみ出し飛び散りに対応した新製品のトイレトレイ、改良のトイレシーツなど、日進月歩で改良を加えた新製品が出てきます。


生涯で1万回も食べる、体によいドッグフードの選び方

生涯で1万回も食べる、体によいドッグフードの選び方

子犬を迎える前に準備をしておくフードを決めるのは迷います。飼い犬には、毎日フードを楽しく食べて、元気でいてもらいたいのが飼い主の願いです。しかも食事は1回きりではなく、15年の寿命でしたら1万回以上も、生きている限り朝晩に食べるのですから、選び方もさまざまです。


子犬のころから体のどこを触れられても平気になるように育てよう

子犬のころから体のどこを触れられても平気になるように育てよう

子犬の頃から、身体のどこを触っても平気なようにしつけておくようにしましょう。たいていの犬ははじめから触られることを嫌がったりしないのですが、なかには身体を触られるのが苦手という子犬もいます。人に身体を触られることを嫌ったまま育ってしまうと、後々シャンプーや爪切りをしたいときあるいは病院に行く時などに困ることになります。


飼い始めが大切。むだ吠えをしないように子犬にしつけよう

飼い始めが大切。むだ吠えをしないように子犬にしつけよう

犬は番犬として飼われていることがほとんどでした。人が訪問してきた時、チャイムが鳴った時、飼い主に知らせることが犬の大事な役目でした。犬は吠えることによって家人に訪問者があることを知らせる役目を担っていたのです。 しかし、現代では番犬も減りました。番犬ではない犬が吠えることは「むだ吠え」と言われます。


飼い始めのしつけが大切。飛びついてはだめだと子犬に教えよう

飼い始めのしつけが大切。飛びついてはだめだと子犬に教えよう

子犬の頃から、他の人に飛びつかせない「しつけ」をすることは必要です。小さいころは飛びつくことも可愛いしぐさですので、飼い主はついそのままにしてしまいがちです。しかし誰にでも気ままに飛びつくままにしていては、いずれ外でよその人に跳びかかって怪我をさせてしまう恐れがあります。


おやつはご褒美に。子犬のしつけとコミュニケーションの仕方

おやつはご褒美に。子犬のしつけとコミュニケーションの仕方

子犬の頃というのは、どうしてもやんちゃな行動が多くなります。飼い主としては大変ですが、子犬にとっては色々なことを知っていくために必要な時期でもあります。 子犬はやんちゃですが、またしつけのチャンスの時期でもあります。おやつなどのご褒美をあげて、子犬のころにできるだけ多くのことを子犬に覚えさせていきたいものです。


飼い主と愛犬の信頼関係構築。初めての散歩のしつけ方

飼い主と愛犬の信頼関係構築。初めての散歩のしつけ方

犬の散歩は犬にとってもっともうれしい時間のひとつです。とくに、室内犬にとっては大切な運動の時間になります。しかしまた子犬の場合、散歩は飼い主の指示どおりに歩けるようにする「しつけ」の時間でもあります。また子犬が外の世界のルールとマナーを学ぶ時間でもあります。


飼い始めが肝心。愛犬のトイレのしつけの方法

飼い始めが肝心。愛犬のトイレのしつけの方法

子犬を迎えたその日から、トイレの「しつけ」をはじめなければなりません。可愛いという気持ちだけでは、長く一緒に暮らしていくことはできません。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。 ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


噛み癖が直らない理由―ラブラドール・レトリバーの場合

噛み癖が直らない理由―ラブラドール・レトリバーの場合

なぜ嗅ぎまわって、なんでも噛んでしまうのでしょうか。とくにラブラドール・レトリバーの子犬はそうした傾向が強いようです。家にやってきた瞬間から子犬は家中の探検をはじめます。子犬用の噛んでも害のないおもちゃは準備されていますが、子犬は、与えられたおもちゃではなく、室内の家具に突進して家具の下に潜り込みたがります。


人気ランキング


>>総合人気ランキング