飼い始めが大切。子犬とトイレシーツ、トイレトレーニングについて

飼い始めが大切。子犬とトイレシーツ、トイレトレーニングについて

犬にとっても排泄は日々欠かせない生理現象です。ですから、犬を飼う場合、トイレの問題はとても重要なテーマです。トイレシーツも専用トイレトレイも、はみ出し飛び散りに対応した新製品のトイレトレイ、改良のトイレシーツなど、日進月歩で改良を加えた新製品が出てきます。


さまざまな犬のトイレのしつけ関連情報を整理して、より快適なトイレ環境を用意できるようにして行きましょう。

犬用のトイレシーツとは?

トイレシーツとは、オシッコを吸収させるおむつのようなシーツです。
このトイレシーツの上で排泄を行えるようにすることが、トイレのしつけの第一歩であり、最も重要な点でもあります。

トイレシーツの主なサイズは次のようになっていますが、メーカーによってサイズは微妙に異なります。
飼い犬の大きさやトイレのやり方(はみ出す子には大きめのサイズを用意するなど)にあわせたサイズを選ぶようにしましょう。

(1)レギュラータイプ

34cm~45cmくらいです。子犬や小型犬向けになります。薄型も圧型もあります。また、中型犬や大型犬でも、このサイズを複数敷き詰めて、濡れたものから取り換えて使用する方法もあります。

(2)ワイドタイプ

44cm~62cmくらいです。主に中型犬向きです。小型犬でも、長時間の留守番をさせておく場合にも使われることがあります。長時間使う場合は、吸収力のある厚手のものを敷いておくと安心です。

(3)スーパーワイドタイプ

60cm~90cmくらいです。大型犬や超大型犬向けになります。量も多いですから吸収力や厚さ、消臭のことも考えて選びましょう。

(4)ウォシャブルタイプ

またこれらとは別に、何度でも洗って使用することができるというウォシャブルタイプのシーツも開発されているようです。使い捨てのトイレシーツはもったいない、環境にも優しくないのではないかといったことが気になる場合は、このようなタイプを使ってみるのも良いかもしれません。

ペット用の特長のあるトイレシーツ

サイズの他に、いろいろな特長をもったタイプの次のようなシーツがあります。

(1)吸収力に優れている、(2)炭入りになっていて、消臭力に優れている、(3)いたずら防止のための粘着テープが付いている、などがあります。

犬の方も、飼い主の都合で長時間の留守番となる犬、飼い主がこまめに面倒をみることのできる犬などそれぞれですから、上記のタイプを組み合わせて、飼い犬に合ったトイレシーツを選ぶようにしましょう。

愛犬のトイレシーツの置き場所

ケージの中とケージの外、それぞれにトイレシーツを置くことをおすすめします。
こうしておけば、ケージの中にいるときも外で遊んでいる時も、トイレシーツの上で排泄することができるからです。

子犬は、最初はどこでオシッコをするかわからないので、ケージの中は全体にトイレシーツ敷き詰めます。
ケージの外も、子犬はどこにするか決まっているわけでもないので、部屋のいくつかの場所にトイレシーツを置いておきます。

また、飼い主としてはできればトイレシーツの上で排泄はして欲しいのですが、必ずしも子犬がそうするとは限りません。また、トイレシーツの上でしたつもりでも、はずれているということもあります。

ですから、トイレシーツの上で排泄が出来たら、特に褒めてあげましょう。また失敗しても、あまり叱らないようにしましょう。
褒めてあげていると、子犬はトイレシーツと排泄の関係がわかってくるようになります。
こうした中で、トイレのしつけが徐々にできてくるのです。

ペット用 トイレトレイ(トイレタリー)の種類

子犬が排泄をする際に、困ることがあります。前足とお尻の位置の間隔がわからずに、トイレシーツをはみ出してしまうことや、オスの場合には、子犬でも後ろ足を上げてオシッコをする子もあって壁を汚してしまうことなどです。さらに、トイレシーツを噛んで食べてしまう子などがいます。
そうした悩みに応えて、改良されたトイレトレイが売られています。いろいろな種類を見てみます。

はみだし防止トイレ、とびちり防止トイレなどは、3面が囲われた形にできています。入り口は段差がついていますから、うっかりはみ出すということは防止されます。お洒落な色彩の家具のような作りのトイレトレイ、圧迫感を感じさせない透明なトイレトレイ、囲いの高さもいろいろな種類があります。囲いの高いトイレは、男の子向きです。

メッシュタイプのトイレトレイは、噛み癖防止のために、網目の蓋が付いています。簡単には食い千切られない素材のトレイもあります。

折りたたみのトレイは、片側が上がった状態ですから、後ろ足を上げる男の子向きです。

また、シリコンゴム製のトイレマットは、やわらかいので折りたたむことができます。車で移動する時に後部に敷くと便利です。


まとめ

室内で飼う場合、欠かせないのがトイレシーツとトイレトレイです。どちらも、子犬を迎える前には準備をしておきましょう。子犬はすぐに大きくなりますから、ケージ、トイレシーツとトイレトレイのサイズは、大きくなったときのことも考えて選ぶようにしましょう。

散歩の時に排泄をさせるようにすると、トイレシーツを節約することもできます。ただし家の外の公共の場を汚さないように、流す水や持ち帰るための袋を持っていくことが、犬の飼い主のマナーとして求められています。

関連する投稿


犬よりも賢い!?ミニブタを飼ってみたい!

犬よりも賢い!?ミニブタを飼ってみたい!

ペットとしてミニブタを飼ってみたいと思う人も多いのではないでしょうか。ミニブタの性格や飼う時の注意点などをチェックしてみましょう!


ツライ症状をなんとかしてあげたい!犬の薬の飲ませ方

ツライ症状をなんとかしてあげたい!犬の薬の飲ませ方

犬に薬を飲ませる時、苦戦している飼い主さんはいませんか?犬の薬の飲ませ方と注意すべきポイントをチェックしてみましょう!


小さくても抜群の存在感!デグーの飼い方

小さくても抜群の存在感!デグーの飼い方

ずんぐりした体つきに愛嬌のあるお顔。人懐っこいデグーは、ペットとしての魅力も満点です。素敵な相棒になりますよ!


もこもこおしりがかわいい!アヒルの飼い方

もこもこおしりがかわいい!アヒルの飼い方

酉年の今年、何か鳥類が飼いたいとは思いませんか?そんな思いの人におすすめなのがアヒルです!アヒルの飼い方についてチェックしてみましょう。


猫の気分が変わるきっかけはコレ! 猫のやる気スイッチを紹介

猫の気分が変わるきっかけはコレ! 猫のやる気スイッチを紹介

気紛れで飼い主を振り回すという猫ですが、なにがきっかけで気持ちが変わるのかご存知でしょうか? 猫の気持ちに変化を起こす、いわゆる気スイッチのようなものを知っておくと、猫に振り回されずに済むかもしれません。そんな猫のスイッチを紹介します。


最新の投稿


絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

人間にとって少量であれば健康にも良いとされるアルコールですが、犬にとってアルコールとはどんな作用があるのでしょうか。危険な犬とアルコールの関係を解説します。


愛犬に白髪が生えた!?知っておきたい犬の毛の退色とは?

愛犬に白髪が生えた!?知っておきたい犬の毛の退色とは?

人が年齢を重ねると黒髪が薄くなり、白髪が生えてきます。この現象は人ならではというイメージがありますが、実は愛犬にも白髪が生えてくることがあります。これを退色と言い、どんな犬でも加齢によって、白髪が増えていくのです。今回は、そんな愛犬の白髪(退色)について、くわしくご紹介します。


愛犬が自分の名前を覚えてくれない!しつけ方法のコツは?

愛犬が自分の名前を覚えてくれない!しつけ方法のコツは?

家族で愛犬を迎えた時に、まずどんな名前をつけようかと一生懸命名前を考えた人は多いのではないでしょうか?しかし、せっかく考えた名前で愛犬を呼んでも、それが自分のことだと認識できていないと悩む飼い主さんもいます。今回は、愛犬が名前を覚えてくれるしつけ方のコツをご紹介します。


犬猫以外のペットを飼う方必見!うちのペットは保険に入れるの?

犬猫以外のペットを飼う方必見!うちのペットは保険に入れるの?

熱帯魚、イグアナ、インコ、フェレットなどいろいろな動物を飼っている方がいるように、犬猫以外のペットを飼っている方はとても多いです。中でも魚類や鳥類は人気です。ただ犬猫以外のペットを飼っていると、ペット保険に入れるのか気になりますよね?この記事ではその疑問を解消していきます。


【困った!愛犬の吠え癖】落ち着きのコマンドを教えよう!

【困った!愛犬の吠え癖】落ち着きのコマンドを教えよう!

こんにちは。愛玩動物飼養管理士のヤナセです。 来客時や留守番、ゴハンや遊びの要求など、ワンワンと吠えはじめたら止まらない愛犬の吠え癖に、悩んでいませんか? 叱っても宥めても止まらない吠え癖には「落ち着きのコマンド」を上手に使って、愛犬の安心の暮らしを守りましょう。


人気ランキング


>>総合人気ランキング