健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

喜ぶからとおやつをたくさん与えていたら、いつの間にかコロコロに太っていたなんてことはよくある話です。犬のダイエット、正しい仕方はご存じですか?


太りやすい犬種ってあるの?

犬種によって、太りやすい犬種があるのはご存じでしょうか?
ダックスフンドやビーグル、コーギーやシェットランドシープドッグなど、狩猟犬や牧羊犬などの血筋が入っている犬種は、運動不足になると太りやすくなるので注意が必要です。
食事の量だけでなく、本来犬が求めている運動量があるかどうかも意識するようにしましょう。

人間にも同じことが言えますが、脂肪細胞は一度増えると、1つ1つの細胞の大きさは変化しますが、数は減ることはありません。
子犬の時に太らせてしまうと、太りやすく痩せにくい体になってしまうので、注意が必要です。

その他にも、去勢手術や避妊手術によってホルモンバランスが崩れてしまった時やストレスによる自律神経の乱れなどでも太りやすくなることがあります。

無理のないダイエットが大切です!

犬のダイエットは、体の割合に対して何キロ痩せるのかが大変重要です。
たとえば、小型犬が0.5kg落とすと、体重が3kgであれば全体の15%に相当しますが、体重50kgの大型犬の0.5kgは人間の大人が0.5kg落とすのと同じ感覚です。

人も犬も急激なダイエットは、かえって健康を損ねてしまいます。
無理のないペースで焦らずに、徐々に結果を出すようなつもりで取り組みましょう。

小型犬の場合、体型的にコロコロになっていても、具体的に何キロほどダイエットしたらいいか判断するのは難しいものです。
獣医さんに相談して、どのくらいのペースで何キロ程度落としたら良いかアドバイスをもらうと良いでしょう。動物病院は、体重を計るだけでも利用できます。敷居の高い場所と考えずに、気軽に活用して、獣医さんとの距離を縮めることをおすすめします。

ダイエットに取り組んでみましょう!

回数を増やす

ダイエットで回数を増やす?と驚かれるかもしれませんが、1日に与える量は少し減らして、その分、回数を増やして、1日の楽しみを増やしてあげましょう。

全体の量は減るとはいえ、食事の準備を1日に何度もするのは面倒臭いという飼い主さんは、回数は変えずに食事の量を減らして、間に腹持ちの良いリンゴやゆでたニンジンなどをおやつにあげてみてはいかがでしょうか。

食事を見直す

やはり、1番はじめにすることは食事の見直しです。
市販のフードを与えている人は、パッケージに記載されている量をきちんと守っていますか?計るのが面倒だからと適当に入れてしまっている人は、一度きちんと計ってみてください。本当はこんなに少量で良かったの!?と驚く結果になるかもしれません。

反対に、記載されている量が多いようであれば、無理に食べさせないようにしましょう。
人間にも少食の人がいるのと同じで、あまり食事に興味がない犬もいます。無理に食べさせていることで太ってしまっているのかもしれません。

人間のご飯を与えている人は、ダイエット目的ではなく健康目的での切り替えをおすすめします。人間のご飯は、犬には糖分や塩分、脂肪分が非常に多かったり、カロリー過多になりがちです。
犬が喜ぶからといっても、犬の健康を損ねてしまっては元も子もありません。
犬の健康を考えて、犬には犬用のフードを与えるか、犬用のレシピで作ってあげるようにしましょう。

やはり運動!

健康的なダイエットを成功させるには、人間と同じで適度な運動が必要です。
あまり外出が好きではない犬も中にはいるので、そのような性格の場合は、飼い主さんが根気よくお散歩の良さを教えてあげるように連れ出すか、室内でも体を動かして遊べるように工夫しましょう。
反対に、出不精の飼い主さんであれば、犬はお散歩に出たくても出してもらえず、太ってしまうことにもつながります。
犬との生活、犬が必要としている生活を考えてみましょう。

但し、シニア犬の場合は、足腰に大きな負担になる場合もあるので、無理はさせないように気をつけましょう。

ダイエットに向いているおやつは何?

「おやつ」というと、市販の特別な商品をイメージしてしまいがちですが、犬にとっては、ごはんの時間以外でもらうものは、内容を問わずおやつになります。
ですので、おやつには、カロリーやGI値の低いゆで野菜などがおすすめです。
食べ応えのあるものであれば満腹感も強くでるので、犬も納得してくれます。

例えば、キュウリやゆでたにんじん、ゆでたカブやゆでたブロッコリーなどもおすすめです。

野菜や果物を与える時の注意点

栄養が摂れてカロリーが少なく、腹持ちが良いので良いことづくしのように感じる野菜や果物ですが、注意した方が良いポイントもあるのでチェックしてみてください。

*キュウリ・・・カリウムが豊富に含まれているので、心臓や腎臓に疾患がある場合はおすすめできません。
*ニンジン・・・ヘタの部分はカットして与えないようにしましょう。
*ブロッコリー・・・芯の部分は食物繊維が豊富なので、分量に気を付けましょう。なるべく房の部分を与えるようにしましょう。
*じゃがいも・・・芽の部分には毒素があるので、きちんと取り除いてから与えましょう。
*キャベツ・・・生のキャベツは腸のトラブルを起こす可能性があるので、茹でてから与えることをおすすめします。

*バナナ・・・食物繊維が多く下痢になる可能性があるので、筋は取り除いて与えましょう。
*リンゴ・・・中毒になる可能性があるので、種は取り除いてから与えましょう。
*メロン・・・アレルギーになりやすいので、与える時はごく少量からにし、必ず様子を見守るようにしましょう。
*スイカ・・・消化に悪いので種は取り除き、冷やしたものではなく、必ず常温のものを与えるようにしましょう。

犬のダイエットは、人のダイエットと似ているようでやはり少し違います。
分量がごく少量に感じても、犬にはそれが適量であったり、味がしないように感じても、犬にはちょうどよい濃さだったりもします。
犬が太るのは、やはり人が食べ物を与えて、犬が太る原因を作ってしまっている場合がほとんどです。
犬の健康のためにも、今一度、愛犬のライフスタイルと向き合ってみませんか?

関連するキーワード


ダイエット 食事

関連する投稿


自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

犬用リボンはトリミングサロンならではのサービスだと思っていませんか?自分でリボン付けができるようになると、好きなリボンを自由に選んで楽しめますし、イベントに合わせたリボンで注目の的になることもできますよ!そこで今回は、犬用リボンの付け方やコツについてトリマー目線で解説したいと思います。


【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

肛門腺絞りは犬のお手入れの中でも意識することは少ないかもしれません。でも、肛門腺がたまったまま放置してしまうと思わぬ病気につながる可能性もあるのです。そこで今回は、肛門腺絞りの必要性と、自宅でのやり方やコツについて解説したいと思います。


出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングというサービスはご存じでしょうか?自宅にいながら愛犬のカットをしてもらえると、近年ニーズが高まっているトリミングサービスの一つです。興味を持っている飼い主さんのために、出張トリミングを利用するメリットやデメリットを、トリマー目線でご紹介します。


理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

トリミングが必要な犬種の飼い主さんなら、愛犬のカットを思い通りに楽しみたいですよね。でも、いざトリミングに出してみると、希望していたスタイルとは程遠い仕上がりに…。これは一体どうしてなのでしょうか。そこで今回は、上手なトリミングの注文のコツをご紹介したいと思います。


犬のお食事 おすすめ食材【れんこん】

犬のお食事 おすすめ食材【れんこん】

犬のお食事を用意する時に、トッピングのレパートリーがないなぁという悩みはありませんか?おすすめ食材「れんこん」についてまとめてみました。


最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


人気ランキング


>>総合人気ランキング