猫の糖尿病の原因、症状、治療とは?飼い主にできる2つの予防策

猫の糖尿病の原因、症状、治療とは?飼い主にできる2つの予防策

猫も糖尿病になるときいて驚く方がいますが、犬も猫も人間と同じで加齢とともに糖尿病発症の確率は増加します。糖尿病になるのは200匹に1匹という資料もありますが、愛猫の糖尿病に気づかない飼い主が多いのでしょう。今回は猫の糖尿病について考え、もしもの時にはしっかり治療してあげられるようにしましょう。


猫の糖尿病の原因は?

猫の糖尿病の原因はまだ特定されてはいませんが、いくつかの要因が重なって発症すると考えられています。

加齢

9歳以上の猫は糖尿病になりやすくなりますが、これは加齢によって基礎代謝が落ちることと関係しているようです。

肥満

体重の増加に従って糖尿病の発症率も上がります。3kgの猫の糖尿病発症率と比較して、4kgでは3倍、5kgでは5倍、8kgでは20倍となっています。日本の飼い猫の場合、二匹に一匹は肥満です。この点は飼い主が気をつけなければいけません。

品種

品種による糖尿病の発症率調査が行われ、バーミーズ、ノルウェージャンフォレストキャット、トンキニーズの発症率が他より高いというデータがありますが、発症に関する遺伝子は特定されていません。これから研究が進んで明らかになる分野でしょう。

膵臓(すいぞう)疾患

膵臓に発生した炎症や腫瘍によって糖尿病になることがあります。膵臓はインスリンを分泌して血糖値を一定濃度にコントロールする働きがありますから、糖尿病と深いかかわりのある臓器なのです。

投薬

ある種の薬はインシュリンの働きを弱めて糖尿病を引き起こすことがあるので、長期間薬を服用する場合はかかりつけの獣医さんに相談しましょう。

猫の糖尿病の症状は?

猫の糖尿病は病気らしくない症状から始まるので、飼い主さんは異変に気づかないことが多く、糖尿病を悪化させてしまうことがよくあります。

水をたくさん飲む

猫は本来あまり水を飲まない動物ですが、糖尿病になると喉が渇くので水を大量に飲み、尿の量も増えます。

たくさん食べる

食欲が増してたくさん食べるようなりますが、体重は増えません。よく食べるので、飼い主さんは「うちの子は元気!」と思ってしまいがちです。

歩き方が変になる

神経系に異常が生じるので、おかしな歩き方をするようになります。かかとを床につけて歩いたり、後ろ足が立たなくなったりしたら要注意です。

急激に痩せる

糖尿病がかなり進行すると、急激に痩せたり吐いたりするようになります。

猫の糖尿病の治療ってどんなことするの?

猫の糖尿病の治療法は、主に2つです。

インシュリン注射

インシュリンを投与して糖を体内に取り込めるようにする治療を行ないます。毎日動物病院に連れて行って獣医さんに注射してもらってもいいのですが、それだと猫の負担になってストレスの元です。大抵は病院で指示された量のインシュリンを家で飼い主さんが注射します。うちの子の場合はかなり高齢だったこともあり、だんだん血糖値が安定しなくなり低血糖で死にかけてしまいました。それからは毎日朝晩、病院で血糖値を計ってからインシュリンを打つという生活になりました。

食事療法

糖尿病に食事療法は欠かせませんから、糖の吸収をコントロールするフードに切り替えましょう。糖尿病と診断されると、動物病院で糖尿病用のフードを勧められると思います。基本的には獣医さんが勧めてくれたフードを食べさせればいいのですが、なかなか食べないのが普通です。猫は食に対して気難しいので、どんな病気になっても食餌療法には苦労します。「ぜんぜん食べてくれません」「お気に入りの缶詰と混ぜても見向きもしてくれません」などと嘆く飼い主さんはとても多いのですが、それでは甘いのです。治療のためですから強制的に食べさせてください。ペースト状にしてシリンジに入れて、指定された量を強制給餌しましょう。

猫の糖尿病は予防できるの?

関連する投稿


しっぽで分かる猫の感情7選

しっぽで分かる猫の感情7選

猫は感情が読み取りにくいと言われますが、しっぽを観察することで、気持ちを理解することができます。


猫ブームで人気!招き猫の世界

猫ブームで人気!招き猫の世界

空前の猫ブームに乗っかって、招き猫にも注目が集まっています。招き猫は右手?左手?それぞれの意味はあるのでしょうか。


犬と猫はどちらが走るのが早い?カラダのつくりが関係してるの知ってた?

犬と猫はどちらが走るのが早い?カラダのつくりが関係してるの知ってた?

犬と猫が走り回っている姿を見ていて、どちらの方が速いのだろう?なんて思ったことはありませんか?何気なく見ている光景だけではわからないですよね。猫と犬はカラダのつくりも違いますので比較検討しながらどちらが速いのかを見ていきましょう。


猫あるある!なぜ、高いところから落ちても平気なの?これって本当?

猫あるある!なぜ、高いところから落ちても平気なの?これって本当?

猫は高いところが好きで落ちても綺麗に着地するイメージが強いですよね。実際に猫には驚異的な身体能力と肉球によるクッション性の高さで安全性が確保されています。ですがそれには限界というものもあります。猫はどのくらいの高さまで平気なのでしょうか?まとめましたのでご覧下さい。


犬は泳げるけど、猫ってどうなの?実は、かなづちってホント?

犬は泳げるけど、猫ってどうなの?実は、かなづちってホント?

犬は泳ぎが得意な印象が強いですが、猫が泳いでいる姿って見たことがないですよね。猫ってそもそも泳げるの?なんて感じたことはありませんか?今回は、犬と猫の泳ぎに関する疑問をまとめてみましたので参考にしてみてください。意外な発見があるかもしれませんよ。


最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


人気ランキング


>>総合人気ランキング