糖尿病に関するまとめ

ペット全般、犬や猫の「糖尿病」の情報まとめました。「糖尿病」の症状は水を大量に飲む・食べる量が増える・体重減少・おしっこの量や回数が増える・腹部がふくれる(肝臓)などです。白内障・糖尿病性ケトアシドーシスなどの合併症のリスクも疑われます。ペット(犬や猫)の体調や様子がいつもと違う、「糖尿病」の気になる症状・病気・原因・治療法・予防法を解説しています。病院や獣医師の診察時の参考にして下さい。


猫の糖尿病の原因、症状、治療とは?飼い主にできる2つの予防策

猫の糖尿病の原因、症状、治療とは?飼い主にできる2つの予防策

猫も糖尿病になるときいて驚く方がいますが、犬も猫も人間と同じで加齢とともに糖尿病発症の確率は増加します。糖尿病になるのは200匹に1匹という資料もありますが、愛猫の糖尿病に気づかない飼い主が多いのでしょう。今回は猫の糖尿病について考え、もしもの時にはしっかり治療してあげられるようにしましょう。


糖尿病だけじゃない!デグーがかかりやすい病気

糖尿病だけじゃない!デグーがかかりやすい病気

デグーは糖の分解ができないことでしられていますが、デグーのかかりやすい病気は糖尿病だけではありません。あなたの大切なデグーが幸せな毎日を送れるように注意すべき点を紹介します。


犬の糖尿病の予防法、治療法は?糖尿病は一生付き合っていく病気です

犬の糖尿病の予防法、治療法は?糖尿病は一生付き合っていく病気です

犬の糖尿病は一生付き合っていく病気です。そして、治療は主に飼い主の手で自宅で行います。その治療法について解説しています。また、糖尿病と肥満は密接に関連していると考えられています。糖尿病の予防法として、肥満の解消法についても簡単に触れています。


放っておいては危険!犬の肥満について真剣に考える

放っておいては危険!犬の肥満について真剣に考える

室内で飼われる犬が増えてきたことで、運動量が不足し、肥満になる犬が増えてきています。コロコロくらいがかわいいなんてことは言っていられません。犬の肥満は多くの弊害をもたらせます。放っておいては危険な肥満、今こそ真剣に考えてみませんか?


犬の糖尿病の原因と症状について知っておこう

犬の糖尿病の原因と症状について知っておこう

犬の糖尿病はとても恐ろしい病気です。様々な合併症を引き起こし、治療が遅れればそのまま亡くなってしまうこともあります。しかし、早期に発見できれば正しく治療することにより、症状の進行を抑えることができます。糖尿病に気づくには飼い主がしっかり糖尿病についての知識を持っておくことが重要です。


食べるスピードもにも注意しよう「犬の糖尿病」原因と予防について

食べるスピードもにも注意しよう「犬の糖尿病」原因と予防について

犬も人間と同様さまざまな病気にかかってしまいます。今回は犬の「糖尿病」について、原因や予防法、治療法やインスリンの関係などについてまとめてみましょう。


人気ランキング


>>総合人気ランキング