シベリアンハスキーってどんな犬?性格や特徴、飼育方法や気をつける病気について

シベリアンハスキーってどんな犬?性格や特徴、飼育方法や気をつける病気について

オオカミのような優雅な容姿のシベリアンハスキー。神秘的な外見、美しい毛色の凛々しい姿に惹かれる人も多いのではないでしょうか。クールな容姿とは裏腹に温厚で甘えん坊なのも魅力の1つです。ここではシベリアンハスキーの性格や特徴、飼い方やしつけのコツを紹介したいと思います。


シベリアンハスキーの歴史

シベリアンハスキーのルーツ

シベリアのチェルスキー山脈が原産地で、極東北極圏を中心に生活していた遊牧民「チュクチ族」により、使役犬として重用されていました。
「ハスキー」という名前はエスキモー人のことを「ハスキー」と呼ぶことに由来しているという説や、吠える声が枯れているからという説などがあります。

犬ぞりで有名なハスキー

もともとチュクチ族に犬ぞりによる荷物の運搬や狩猟の補助として重用されていたシベリアンハスキー。そりを引く犬種として有名です。

北米で有名な犬ぞりレースにアメリカのアラスカで開催される「アイデッタロッド」とカナダで開催される「ユーコンクエスト」があります。ともに約1600kmのレースで毎年開催されています。

1925年、アラスカのノーム市でジフテリアが流行。ハスキー犬が氷点下50度にもなる酷寒で厳しい天候のなか、544kmの距離をリレーしながら血清を運び多くの人々の命を救った話は有名で映画にもなりました。そのときのラストチームのリード犬だった「バルトー」の銅像がニューヨークのセントラルパークに建立されています。

日本でのハスキーブーム

日本では90年代に、北海道札幌市のH大学獣医学部を舞台に、個性的なキャラクター達の大学生活を描いた動物コメディ漫画「動物のお医者さん」で爆発的に人気が出て、シベリアンハスキーを飼う人が増大しました。

現在ではブームもおさまり、シベリアンハスキーを理解したうえで飼う人が多いようです。
ペットとして安定した人気のある犬種です。

シベリアンハスキーの特徴

シベリアンハスキーという犬種

スピッツ族に属しエスキモー犬の一種であり、ワーキンググループに分類されています。
見た目が似ているアラスカン・マラミュートやサモエドとは近親関係にあります。

多くの団体では中型犬と分類されているようですが、30kg以上ある犬も少なくなく、大型犬として扱われる場合も多いようです。

サイズは成犬では体高約50cm〜60cm、体重は約16kg〜28kg。
寿命は12〜14年です。

シベリアンハスキーの概要

毛色はブラック×ホワイト、グレー×ホワイト、シルバー×ホワイト、ブラウン×ホワイト、ホワイトのみと様々です。

極寒を耐えるのに適した皮下脂肪があり、柔らかく密集した下毛、まっすぐで滑らかに伸びた上毛のダブルコートで覆われています。

がっちりとした体つきで、立ち耳、ブラシ尾。目はアーモンド形です。
目の色はブルー、ブラウン、左右で色が違うオッドアイもあります。

極寒の地でそり犬として活躍していたルーツをもつため、長距離を走る耐久力を身につけています。

ハスキーの特徴といえば顔の隈取模様。成長するにつれて変化するので、顔の印象が変わっていくのも楽しみです。

シベリアンハスキーの性格

イタズラ大好き

イタズラ好きで好奇心旺盛。独立心も強く、楽天的な性格でもあります。
頭が悪いと言われたこともありますが、それはこの性格から。とても利口な犬種です。

温厚で社交的

穏やかな性格で飼い主や家族に対して従順で人懐こい犬種ですが、警戒心が強く頑固な一面もあります。

社交的で協調性があり、子供や他の犬に対しても仲間意識を持ち、優しく接するので多頭飼育にも向いています。

シベリアンハスキーの飼い方、しつけのコツ

室内飼育がおすすめ

飼い主や家族との触れ合いが大好きなハスキー。また寒さには強いですが暑さには弱いので、温度調節ができる室内飼育に向いています。
しかし、しっかりとしつけないと部屋中を荒らされることになるのでご注意を。

体臭は少ないですが、ダブルコートのため抜毛が多いのでこまめなブラッシングが必要です。
また清潔好きなので汚しておくとストレスにつながります。

運動はたっぷりと

とても活発なハスキー。たくさんの運動量が必要です。運動を十分にさせないと、ストレスによる体調不良や無駄吠え、脱走などの問題行動につながるので、毎日の散歩は欠かせません。

散歩時間はできるだけ長く、暑さは苦手なので夏季の散歩は早朝や夜間など涼しい時間帯を選ぶようにしましょう。

力が強いので、しっかりとした服従訓練が必要です。

注意すべきこと

冒険好きで放浪癖があるので、脱走対策は必ず行うこと。また地面を掘る癖もあるので、庭を荒らされないよう注意が必要です。

イタズラ好きで好奇心が強いため何でも口に入れてしまいます。誤飲させないよう気をつけてください。

利口な犬ですが、集中力があまりある犬種ではないので根気をもってしつけを行いましょう。

シベリアンハスキー気をつけたい病気

目の病気

関連する投稿


大型犬におすすめのペット保険はどんな保険?ランキングあり!

大型犬におすすめのペット保険はどんな保険?ランキングあり!

大型犬の生活にかかる医療費は高額です。日々のドックフード代や医療費だけでも高いのに、保険料も高いとなると厳しいですよね。そこでこの記事では、なるべく安い保険料で補償がしっかりしている大型犬向けの保険をまとめました。


モフモフ度最強クラス!真っ白な大型犬サモエドの魅力と特徴を紹介

モフモフ度最強クラス!真っ白な大型犬サモエドの魅力と特徴を紹介

豊かな毛に覆われたモフモフの大型犬サモエドをご存知でしょうか? 日本では珍しいロシア原産の犬で、表情豊かな顔が魅力的な犬です。なかなかお目に掛かる機会が少ないですが、大型犬好きにお勧めの犬種ですよ。しつけやすく陽気な家庭犬と言われているサモエドの魅力と特徴、飼う時のポイントを紹介します。


大型犬を飼いたい!飼う前に知っておきたい大型犬の特徴5選

大型犬を飼いたい!飼う前に知っておきたい大型犬の特徴5選

伴侶として頼りになる聡明な犬、走るために生まれてきたような流線型のボディが美しい犬、豪奢な毛に覆われゆっくりとした動きで癒してくれる犬など、大型犬には小型犬とは全く違う魅力が詰まっています。そんな大型犬と楽しいドッグライフを送るために、飼う前に知っておきたい特徴を5つピックアップしてみました。


ゴールデンレトリーバーに女性飼い主は不向きって本当?

ゴールデンレトリーバーに女性飼い主は不向きって本当?

盲導犬や人命救助犬としても活躍するゴールデンレトリーバーは、とても従順で穏やかな性格をしています。子供の相手をしてくれたり、高齢者に寄り添ったり、幅広い年齢層の人々のパートナーになれます。しかし「女性の飼い主には不向き」といわれることがあります。そんなゴールデンレトリーバーの飼い方を紹介します。


アラスカの町を救った犬たち

アラスカの町を救った犬たち

1925年の冬、極寒の天候が続くなか、アラスカの町ノームにジフテリアが蔓延します。過酷な状況のなか血清を町まで輸送したシベリアンハスキーの犬ぞりチーム。その活躍とどうやってハスキーたちが偉業を成し遂げることができたのかを紹介します。


最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


人気ランキング


>>総合人気ランキング