気づいた時には重症ということも!犬も猫も冬の低温火傷に注意して

気づいた時には重症ということも!犬も猫も冬の低温火傷に注意して

ペットがいると、冬の暖房器具にも気を使いますよね。やけどの危険が無いように思えるホットカーペットなども、使い方を誤ると低温やけどになることが。安全な使い方を知っておきましょう。


ストーブで焦げる猫

猫や犬などのペットを飼っていたら、ペットのいるスペースには電気ストーブなどの暖房器具を使うのは危険ですが、もし使用している場合は火傷の恐れがありますので、ペットが近づかないようにしましょう。

被毛に覆われている為、熱さに気がつきにくく、特に寒がりの猫は暖房器具に近寄り過ぎてしまいます。
その為、気づいたら毛が焦げて、尻尾の先やヒゲがチリチリになっていた、なんていうこともあります。

本人が気にしていないように見えても、皮膚炎になっていることがありますので気をつけましょう。

また、使い始めは、ストーブが熱いことを知らずに飛び乗った猫が、肉球を火傷して皮膚がむけてしまうことも。
普段出しっぱなしにしておくと、急に熱くなったことに気がつかずに大火傷の危険があります。

対策としては、ストーブに近づきすぎないように柵などで囲うという方法があります。
しかし、その場合も、柵が熱くなりすぎてしまい、柵にくっつくことで火傷することがありますので、素材や距離には十分な注意が必要です。
また、猫だと柵を飛び越えてしまう危険も。

特に猫がいる場合は、電気ストーブは使わず、その他の方法で暖めるのが安全でしょう。

ペットに多い低温やけどに注意

湯たんぽ、カイロ、ホットカーペット、ペット用ホットマット、こたつ、オイルヒーターなど、高温になり過ぎない一見安全そうに思える暖房器具も、実は低温やけどの危険があります。

寒さを防ぐために厚い被毛に覆われる犬や猫は、暖房器具の暖かさが伝わりにくく、長時間くっつてしまうため低温やけどをしやすい傾向があります。

あまり動かなくなった高齢の犬や猫は特に注意が必要でしょう。

低温やけどとは

低温やけどは体温より少し高いくらいのもの(40℃〜50℃程度)に長時間触れることで起こります。

軽度なものでは皮膚が赤くなり、少し痛みが出る程度で数日で治りますが、重症化すると、水ぶくれ、腫れ、脱毛などになり、最悪の場合は皮膚が壊死してしまうこともあります。
もしもペットヒータにいつも乗っているペットのお腹の毛が少し薄くなっていたら、低温火傷の可能性もあります。

低温やけどは普通の火傷と違って、すぐに熱さや痛みに気がつかないため、じわじわと症状が進んで行きます。
皮膚のダメージも、表面よりも内部の脂肪層で大きくなるため、火傷に気がつかず、1〜2週間後に気づくということも。
気づいた時には症状がとっくに進んでいて、内部から壊死を起こしていることもある、とても怖いやけどなのです。

人間と違い、被毛で覆われている動物は、低温やけどの進行に特に気付きにくくなるので、気をつけて観察することが大切です。
お腹に謎のハゲがないか、一箇所をやたらに舐めていないか、など、皮膚の状態や行動を注意して観察しましょう。

低温やけどしてしまった時の応急処置

火傷の場合は、とにかく冷やすことが大切ですが、低温やけどの場合には処置が変わりますので、むやみに冷やしたり軟膏をつけたりせず、清潔な状態を保てるようにして、できるだけ早く動物病院で獣医さんに診てもらいましょう。

暖房器具を安全に使って防寒しよう

ホットカーペット、ホットマットの安全な使い方

ホットカーペットやホットマットは、火事の危険もなく、留守番の際などの防寒具としてペットにも使いやすく、またペットも大好きですが、乗ったまま腹や体の片側を継続的に暖めることにより、低温やけどの多い暖房器具になります。

ペット用のホットマットは、比較的低温に設定できるようになっていますが、それでもずっと上に乗っていると危険です。
ホットマットのカバーの上に、さらに毛布などを乗せて使用するのがいいでしょう。

また、ケージの中で使用することがある場合は、ホットマットを敷く場所と、そうで無い場所を必ず作ってあげましょう。

人間用のホットカーペットはペット用よりも高温になる為、ペットが使用するときは毛布やペット用のベッドなどを置き、熱くなりすぎないようにした上で、留守番の際には電源を切っておくことをお勧めします。

ペット用に販売されているホットマットは、コードも犬が齧っても感電しないように補強されていて安全です。
ペット用のドームの中などに入れてあげると、ホットマットの上に毛布などを置いて直接触れる温度が低めでも、全体の暖かさがキープされます。

湯たんぽの安全な使い方

湯たんぽは、中に入れるお湯の温度も調整出来て、またカバーの枚数を増やせば熱くなりすぎず、目を離す間にも比較的安心して使用出来ると思います。

お留守番の時などに暖かい湯たんぽを用意してあげるのもいいですね。
ペットボトルにお湯を入れてタオルなどでくるむだけでも、湯たんぽになります。

ただ時間が経つと温度が下がるため、長時間目を離すときには湯たんぽだけだと冷えてしまう可能性もありますので注意が必要です。
幼齢や病気で特に体温調整に注意が必要な場合には、適当な温度が保たれているかこまめに気をつけてあげましょう。

電子レンジで温めるタイプのものもありますが、人間用の柔らかい素材のものだと、ペットが噛んでしまうことがあるのでペット用に作られたものの方が安全です。

湯たんぽは電源が必要ないので場所を選ばないのが使いやすいですね。
お気に入りのベッドの中に仕込んであげると喜びそうです。

こたつの安全な使い方

猫といえばこたつですが、人間用こたつは、人をダメにしますが猫もダメにします。
あまりの暖かさに外に出るのが嫌になるだけに、低温やけどだけでなく脱水の危険があります。

使用するときは温度を低めにし、カバーの一部に空気の通る隙間を作っておくこと、また、長時間の使用は避けましょう。

人が離れるときは、必ず電源を切りましょう。

また、猫用のこたつ、ペット用のこたつというのもあります。
高温になりすぎないのと、温かい部分に直接触れない仕組みになっているので低温やけどが防げます。
人がいない間には、暖房で部屋中を温めるよりも電気代もかなり助かり、特に寒がりの猫にお勧めです。

ただし、上にずっと乗ってしまう場合には温度が上がりすぎていないか注意し、毛布やマットなどを挟む方がいいかもしれません。
長時間目を離す間は、頭を出して使用するか、一部空気が通るように開けて使用できるようにすると安全でしょう。

ペット用こたつ。猫にこたつはやっぱり憧れますね。
もちろん犬にも使えます。

エアコン、ガスファンヒーターの安全な使い方

エアコンなどの暖房器具でも、あまり動かないペットやケージの中にいるペットの場合は、一箇所にあたりすぎると低温火傷の危険があります。
床置きの場合は、猫はくっつき過ぎる傾向があるので、ヒーターの種類によっては焦げないようにも注意が必要です。
人がいない間は消しておくのが安全ですね。

ガスファンヒーターはペットだけの時に使用することは無いでしょうが、エアコンも、留守の間に付けっぱなしにするときは、ペットに直接当たらないように気をつけましょう。
また、エアコンで室温調整をする場合は、空気が特に乾燥しやすくなるため、加湿器などを使用して湿度にも気を使ってあげたいですね。

加湿器といえば、ニトリで販売中の、ペットにも安全な自然気化式ペーパー加湿器が可愛すぎです。
プードルが水を飲んでいるように見えます。
猫好きさんには、三毛猫、黒猫もありますよ。

関連するキーワード


関連する投稿


自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

犬用リボンはトリミングサロンならではのサービスだと思っていませんか?自分でリボン付けができるようになると、好きなリボンを自由に選んで楽しめますし、イベントに合わせたリボンで注目の的になることもできますよ!そこで今回は、犬用リボンの付け方やコツについてトリマー目線で解説したいと思います。


【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

肛門腺絞りは犬のお手入れの中でも意識することは少ないかもしれません。でも、肛門腺がたまったまま放置してしまうと思わぬ病気につながる可能性もあるのです。そこで今回は、肛門腺絞りの必要性と、自宅でのやり方やコツについて解説したいと思います。


出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングというサービスはご存じでしょうか?自宅にいながら愛犬のカットをしてもらえると、近年ニーズが高まっているトリミングサービスの一つです。興味を持っている飼い主さんのために、出張トリミングを利用するメリットやデメリットを、トリマー目線でご紹介します。


健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

喜ぶからとおやつをたくさん与えていたら、いつの間にかコロコロに太っていたなんてことはよくある話です。犬のダイエット、正しい仕方はご存じですか?


しっぽで分かる猫の感情7選

しっぽで分かる猫の感情7選

猫は感情が読み取りにくいと言われますが、しっぽを観察することで、気持ちを理解することができます。


最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


人気ランキング


>>総合人気ランキング