【お手入れ】自宅でするシャンプーのやり方をトリマーが解説します

【お手入れ】自宅でするシャンプーのやり方をトリマーが解説します

犬の体をずっと洗わずに放置すると、皮脂が酸化して変な臭いを発したり、ノミやダニの温床と化してしまったりします。愛犬の健康を保つためにも1ヶ月に1回は洗ってあげましょう。今回は、自宅でするシャンプーのやり方を解説します。


シャンプー前に愛犬の体調をチェックしましょう

自宅でシャンプーする前に、まずは犬の体調をチェックしましょう。もちろん飼い主さんなら普段とは違う愛犬の様子にすぐに気がつくはずですが、犬は我慢強い生き物なので、体調不良を隠すことがあります。

体調不良のチェックポイントとしては、

①食欲がない
②ウンチが柔らかい
③吐いた

などがあります。
また、朝にシャンプーをする日はウンチの状態を確認できない場合があると思います。その際の確認方法として、犬のお腹に耳を当ててみましょう。

正常な状態では「ポコポコ」という腸のぜん動運動の音が聞こえてきます。しかし、下痢をしている時などは「ギューギュー」など、水っぽい音が聞こえます。

他にも、震えている時は痛みを我慢している場合があるので、その日はシャンプーを中止して1日様子を見るようにしましょう。

シャンプーの前に毛のもつれを解消しましょう

犬の毛は人間と比べて1/3程度の細さしかなく、もつれがある状態で水に濡らすとすぐに毛玉になってしまいます。そのため、犬を洗う前は必ずブラッシングを行い、もつれを解消しておくことが大切です。

スリッカーブラシを使ってブラッシング

スリッカーブラシはペットショップやホームセンターなどで手に入れることができます。定期的に自宅でシャンプーをする場合は必ず用意しておきましょう。

とくにもつれやすい部分は、耳の後ろ、わき、お腹、内股、お尻ですが、外から見てもつれがなさそうに見える部分でも、毛を分けてみると意外にもつれていることがあります。

そのため、ブラッシングをしたあとは犬用コームを使い、隅々までチェックしましょう。コームがスムーズに通らない部分にもつれが潜んでいます。もう一度ブラッシングを行いましょう。

また、ブラッシングはやり過ぎると皮ふが真っ赤になってしまいます。もしも大きい毛玉を発見した場合は、サロンや動物病院で取ってもらいましょう。

シャンプーするときに必要なもの

犬用シャンプー

シャンプーは基本的に犬用と書かれているものなら何を使っても構いません。リンスやコンディショナーも一緒に購入しましょう。リンスインシャンプーなら洗うときの手間を省くことができます。

犬用シャンプーには色んなタイプの商品があり、毛の色別や子犬用、手触りをよくするものや自然の成分を使ったものなど種類もたくさんあります。どれを選べばよいのか迷う場合は店員さんに相談してみましょう。

タオル

水分をたくさん吸収できるバスタオルがおすすめです。また、ペット用の吸水タオルなら水分の吸収力が高く、繰り返し使えて便利です。

犬のシャンプーのやり方とコツ

犬の体をしっかり濡らす

まずは犬の体をお湯で充分濡らしましょう。お湯の温度の目安は人間がぬるいと感じる程度で大丈夫です。犬は体から汗をかくことができないので、あまりにも熱いお湯で洗うとすぐにのぼせてしまう可能性があるからです。

顔にお湯をかける場合は、鼻や口の中に入らないように慎重に行ってください。シャワーではなくお湯を手ですくってかけてあげると良いでしょう。

薄めたシャンプーを泡立てる

シャンプーはそのままではなく、水で薄めた状態で使いましょう。おけの中にシャンプーを少量入れ、シャワーをいきおいよく出すと簡単に泡立ちます。

そして指の腹を使いながらマッサージをするように洗っていきます。普段の生活で汚れがたまりやすいお尻、陰部、肉球のまわりはとくにしっかり洗いましょう。

顔を洗うときに注意しておきたいポイントは目の中にシャンプーを入れないことです。もしも入ってしまった場合はすぐにお湯で流してください。

全体的に洗い終わったら1回目のすすぎをします。汚れがひどい場合は2回洗いましょう。

リンスを体になじませる

すすぎが終わったら、体全体にリンスをなじませます。シャンプーと同じようにおけの中にリンスを入れ、お湯で薄めて使いましょう。

基本的になじませる時間は短くて大丈夫です。犬がのぼせてしまわないように手早く行いましょう。

シャワーを使ってしっかりすすぐ

リンスをなじませたら最後のすすぎをしていきます。シャワーを使い、ぬるぬるした感じがなくなるまでしっかりと流していきましょう。とくにリンスが残りやすい胸やお腹周りを意識してください。

犬の体を乾かしてあげましょう

タオルでしっかり水分をとる

洗い終わったら、まずは犬にブルブル~とさせてください。耳の中の水分を飛ばすことができます。そのあとにタオルを使って水分をふき取ります。

ゴシゴシふくともつれの原因にもなりますので、優しくふいてあげてくださいね。このときにしっかりと水分を吸収できていれば、ドライヤーの時間を短縮できます。

関連するキーワード


ケア シャンプー

関連する投稿


健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

喜ぶからとおやつをたくさん与えていたら、いつの間にかコロコロに太っていたなんてことはよくある話です。犬のダイエット、正しい仕方はご存じですか?


犬のお食事 おすすめ食材【れんこん】

犬のお食事 おすすめ食材【れんこん】

犬のお食事を用意する時に、トッピングのレパートリーがないなぁという悩みはありませんか?おすすめ食材「れんこん」についてまとめてみました。


ツライ症状をなんとかしてあげたい!犬の薬の飲ませ方

ツライ症状をなんとかしてあげたい!犬の薬の飲ませ方

犬に薬を飲ませる時、苦戦している飼い主さんはいませんか?犬の薬の飲ませ方と注意すべきポイントをチェックしてみましょう!


GoProで愛犬の世界を体験しよう!

GoProで愛犬の世界を体験しよう!

犬の世界ってどんな感じ?と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな気持ちに応えてくれるカメラがあります。さぁ!GoProで愛犬と世界を共有しましょう!


【簡単&格安】ペット用消臭剤を手作りしよう!

【簡単&格安】ペット用消臭剤を手作りしよう!

ペットを飼っているとおしっこや毛の臭いで悩む飼い主さんも多いものです。今回は、簡単&格安でペット用の消臭剤をハンドメイドする方法をお伝えします。


最新の投稿


絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

人間にとって少量であれば健康にも良いとされるアルコールですが、犬にとってアルコールとはどんな作用があるのでしょうか。危険な犬とアルコールの関係を解説します。


愛犬に白髪が生えた!?知っておきたい犬の毛の退色とは?

愛犬に白髪が生えた!?知っておきたい犬の毛の退色とは?

人が年齢を重ねると黒髪が薄くなり、白髪が生えてきます。この現象は人ならではというイメージがありますが、実は愛犬にも白髪が生えてくることがあります。これを退色と言い、どんな犬でも加齢によって、白髪が増えていくのです。今回は、そんな愛犬の白髪(退色)について、くわしくご紹介します。


愛犬が自分の名前を覚えてくれない!しつけ方法のコツは?

愛犬が自分の名前を覚えてくれない!しつけ方法のコツは?

家族で愛犬を迎えた時に、まずどんな名前をつけようかと一生懸命名前を考えた人は多いのではないでしょうか?しかし、せっかく考えた名前で愛犬を呼んでも、それが自分のことだと認識できていないと悩む飼い主さんもいます。今回は、愛犬が名前を覚えてくれるしつけ方のコツをご紹介します。


犬猫以外のペットを飼う方必見!うちのペットは保険に入れるの?

犬猫以外のペットを飼う方必見!うちのペットは保険に入れるの?

熱帯魚、イグアナ、インコ、フェレットなどいろいろな動物を飼っている方がいるように、犬猫以外のペットを飼っている方はとても多いです。中でも魚類や鳥類は人気です。ただ犬猫以外のペットを飼っていると、ペット保険に入れるのか気になりますよね?この記事ではその疑問を解消していきます。


【困った!愛犬の吠え癖】落ち着きのコマンドを教えよう!

【困った!愛犬の吠え癖】落ち着きのコマンドを教えよう!

こんにちは。愛玩動物飼養管理士のヤナセです。 来客時や留守番、ゴハンや遊びの要求など、ワンワンと吠えはじめたら止まらない愛犬の吠え癖に、悩んでいませんか? 叱っても宥めても止まらない吠え癖には「落ち着きのコマンド」を上手に使って、愛犬の安心の暮らしを守りましょう。


人気ランキング


>>総合人気ランキング