引っぱるポジションで役割が違う?たくましい『犬ぞり』の魅力と秘密

引っぱるポジションで役割が違う?たくましい『犬ぞり』の魅力と秘密

雪が降り積もる山間をカッコよく颯爽と走る犬ぞり。皆さんはどんなイメージを持っていますか?吹雪を走る犬たちの姿は何とも寒そうですが、勇敢にそりを引く姿は誇らしいものがありますよね。今回はさまざまな分野で活躍する『犬ぞり』ついて、その魅力と秘密に迫ってみましょう。


地面を走る犬ぞり

犬ぞりには定番の雪山を走る犬ぞりと地面を走る陸上犬ぞりがあります。陸上版の犬ぞりを少しだけのぞいてみましょう。

車輪付きバイクで突っ走れ!


オーストラリアや欧州では雪のない地面を走る「陸上いぬぞりレース」というイベントがあります。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、海外では人気があります。

雪のない山道を走るレースで、雪ぞりの代わりに車輪付きの犬用バイクを使います。もちろん、雪山と違って固い地面を走るので、そりを引っ張るというワケには行きませんね。

陸上犬ぞりレースは子供から大人まで楽しめるので、夏休みや春休みに家族みんなで参加できる人気のイベントにもなっているんですよ。

愛犬との調和が大切!


この陸上犬ぞりレースに対する主催者側の思いは「犬との絆を深める」ということ。愛犬と一緒に1つの目標に向かって突き進む・・・ゴールまで無事達成するには、犬とのコミュニケーションや信頼関係、体力維持の管理・バランスなど、意外とさまざまな要素が必要になってきます。参加することで愛犬との絆がさらに深まります。

また、子供たちには「教育の一環」として参加を促す親も多いようです。膝小僧にスリキズをつくりながら、ガタガタ道を愛犬と一緒に走り続ける!小さな戦士達にとって、心に残る素晴らしい経験となるでしょう。

陸上犬ぞりレースでは秋田犬も参加!


陸上犬ぞりレースでは参加できる犬種が増えます。雪山で活躍するハスキー犬はもちろん、秋田犬、ジャーマンシェパード、ボーダーコリー、ゴールデンレトリバーなどが参加犬としては多いです。

さすがに、小型犬が体力的に厳しいですが、どの犬も参加する前に獣医さん監修のもと体重や健康チェックが行われます。健康な状態で参加をすることが大前提。あとは上手に愛犬と二人三脚でコースを乗り切れ!

雪山での主役はシベリアンハスキー

雪山=シベリアンハスキーのイメージがしっかり定着。寒さに強い犬種であるシベリアンハスキー犬は、冬山を舞台に大活躍ですよね。

足腰の強さは半端ない!



モコモコの冬毛が何と言っても特徴的。雪山でそりを颯爽と引くのはご存じ「シベリアンハスキー」です。頭部と耳にブラックやグレーの模様な入っているのもシベリアンハスキーの魅力ですよね。足腰の筋力が強く、タフで人間に忠実な犬種としても知られています。「引っ張る」能力も非常に高いです。

極寒に生きることが「人生そのもの」

カナダ、シベリア、北極圏を生息地とするシベリアン・ハスキーは、零下を記録する極寒の地が生息地です。寒い中で生活することが、人生そのもの。いつの時代も人間と共に生活し、人々を乗せて移動したり、荷物を運んだりする生活を送っていました。その頃の名残で「引っ張る」「牽引する」という力が構築されたと言われています。もう、これは天性ですね。

遭難救助犬としても大活躍!


シベリアンハスキーの活躍は目を見張るものがあります。オーストラリアでは、豪雪で遭難した人を無事発見し、国から表彰されたこともあるんですよ。ヘリコプターや人間には探知できなかった超難所だったそうです。本当に誇らしいですね。

引っ張るポジションで役割が違う


犬ぞりでは5頭から10頭くらいがグループになってそりを引きます。前から何列かに並んでいますが、このポジションによって、そりを引っ張る役割が違ってきます。

● 最前列

1番前を走る犬派「エリート犬」。足が一番早く、頭の回転が良いリーダーのような存在を務めます。そりを引くオペレーターのコマンドを聞き取り、理解し、仲間たちを先導しながら力強くそりを引っ張ります。

● 2列目

2列目の犬たちは最前列のリーダーを支える、まさに「女房役」です。バランス感覚が優れていないと難しいポジションで、前後の犬たちとペースを合わせながら、スピードを崩さないように上手く調節する役目が与えられています。

● 3列目・4列目

3列目と4列目に位置している犬たちは、犬ぞりデビューに向けて勉強中の「訓練犬」たちです。経験豊富な先輩達を前と後ろに置き、たくさんのことを実践の場で学んでいきます。デビュ―に向けて頑張れ!

● 最後尾

最後尾を守るのは一番体格が良い「超力持ち犬」。そりから一番近い位置にいる犬は、止まっているそりを最初に引っ張る「初動」という任務を果たさなければなりません。「どすこい!」と全身の力でそりを引き始める大きな動力が必須なんですよ。

力強い犬ぞりの魅力と秘密 まとめ

雪山を走る犬ぞりは、雪の少ない月から何カ月ものトレーニングを重ねています。ウェイトトレーニングでは100キロを超す錘をバギーに乗せて走るそうです。(シーズンオフのプロ野球選手のトレーニング風景のようですね!)過酷な訓練を乗り終えてこそ、厳しい冬山でたくましくそりを引くことができるのかもしれませんね。

関連するキーワード


シベリアンハスキー 大型犬

関連する投稿


大型犬におすすめのペット保険はどんな保険?ランキングあり!

大型犬におすすめのペット保険はどんな保険?ランキングあり!

大型犬の生活にかかる医療費は高額です。日々のドックフード代や医療費だけでも高いのに、保険料も高いとなると厳しいですよね。そこでこの記事では、なるべく安い保険料で補償がしっかりしている大型犬向けの保険をまとめました。


モフモフ度最強クラス!真っ白な大型犬サモエドの魅力と特徴を紹介

モフモフ度最強クラス!真っ白な大型犬サモエドの魅力と特徴を紹介

豊かな毛に覆われたモフモフの大型犬サモエドをご存知でしょうか? 日本では珍しいロシア原産の犬で、表情豊かな顔が魅力的な犬です。なかなかお目に掛かる機会が少ないですが、大型犬好きにお勧めの犬種ですよ。しつけやすく陽気な家庭犬と言われているサモエドの魅力と特徴、飼う時のポイントを紹介します。


大型犬を飼いたい!飼う前に知っておきたい大型犬の特徴5選

大型犬を飼いたい!飼う前に知っておきたい大型犬の特徴5選

伴侶として頼りになる聡明な犬、走るために生まれてきたような流線型のボディが美しい犬、豪奢な毛に覆われゆっくりとした動きで癒してくれる犬など、大型犬には小型犬とは全く違う魅力が詰まっています。そんな大型犬と楽しいドッグライフを送るために、飼う前に知っておきたい特徴を5つピックアップしてみました。


ゴールデンレトリーバーに女性飼い主は不向きって本当?

ゴールデンレトリーバーに女性飼い主は不向きって本当?

盲導犬や人命救助犬としても活躍するゴールデンレトリーバーは、とても従順で穏やかな性格をしています。子供の相手をしてくれたり、高齢者に寄り添ったり、幅広い年齢層の人々のパートナーになれます。しかし「女性の飼い主には不向き」といわれることがあります。そんなゴールデンレトリーバーの飼い方を紹介します。


アラスカの町を救った犬たち

アラスカの町を救った犬たち

1925年の冬、極寒の天候が続くなか、アラスカの町ノームにジフテリアが蔓延します。過酷な状況のなか血清を町まで輸送したシベリアンハスキーの犬ぞりチーム。その活躍とどうやってハスキーたちが偉業を成し遂げることができたのかを紹介します。


最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


人気ランキング


>>総合人気ランキング