早めに始めたい!トイレのしつけ3つの簡単ステップ

早めに始めたい!トイレのしつけ3つの簡単ステップ

「あれ、床がぬれてる」子犬を飼い始めて最初の数ヶ月はよくあることです。最初のうちは仕方がないと妥協してしまう飼い主さんも多いと思いますが、続いてしまっては困りますよね。今回はトイレのしつけ3つのステップについてお話ししましょう。


1.トレーニングを始める時期の認識

トイレのしつけは子犬のうちがベター!でも、一体いつから始めたら良いのでしょか?

生後3か月くらいが理想的!

子犬がやってきて家の中がてんやわんや!特に、初めて犬を飼い始めた方はあれこれ戸惑うことも多いのではないでしょうか。「とりあえず元気でご飯をしっかり食べてくれれば!」そう考える飼い主さんもいると思いますが、後々「しまった!」と思わないためにも、子犬のうちにしっかりトイレのしつけをしておきましょう。
理想的なスタート年齢は犬種にもよりますが、平均的に3か月くらいが最適でしょう。「セブン・ドッグ・イヤー」ですから、計算してみると人間の年齢で2歳前くらいですね。
この頃の子犬は好奇心のかたまり!イタズラをすることも多いかもしれませんが、学ぼうという意欲でいっぱいです。そのテコを利用して必要なしつけを少しずつしていけば、飼い主さんも最小の時間と労力でトイレのしつけを完結することができます。この時期を見逃さないようにしたいですね。

愛犬の居場所はお決まりですか?

愛犬の居場所をつくってあげるなんて、そんなこと当たり前だ!ごもっともです。
子犬が家にやってきてから、家族の皆に愛情をタップリ注いでもらっていることでしょう。あまりの可愛さにひと時も離れたくない!と寝る時も含めて、犬と一緒に部屋を転々と移動してしまっている飼い主さんは決断の時です。(おおげさですが…)部屋の一部に専用のスペースを確保してあげましょう。愛犬の落ち着く場所、集中できる場所を与えてあげると、しつけもスムーズに行く場合が多いです。

2.トレイの準備

早速、トイレの準備を始めましょう。

トイレの位置を決めましょう

トイレトレーニング用の場所を決めましょう。衛生面からキッチン周辺はなるべく避けるようにして、家族があまり通らない静かな場所を選びます。大きさは畳半分くらいあれば問題はないと思います。できれば部屋のコーナーが理想的です。
冬の時期にトレーニングを始める場合は、隙間風の入らない場所を選びたいですね。場所によっては他の部屋より冷え込んでしまう場合もあるので気を付けてあげましょう。寒い場所だとトレイの回数が増えてしまったり、トイレのタイミングがちぐはぐになってしまう可能性があります。ちょっとした気遣いで、愛犬のトイレトレーニングも敏速に効果的に進めることができます。

トイレグッズの購入とセッティング

トレーニングに必要なものを揃えます。新聞紙、防水シート、市販の犬用トイレシート、サークルなどです。サークルをお持ちでない方は、購入を検討してみて下さい。子犬の場合はサークルを利用した方がしつけが楽です。サークルは通常、周りを囲んだ小さな四角い檻のようなものですが、犬用のゲートやフェンスなどを使ってコーナーを囲んでも良いと思いますよ!圧迫感がなく、必要であれば移動も楽です。

サークルやゲートはペットショップでも購入できますし、忙しく時間のない方は通販でも購入可能です。価格は6,000円くらいから10,000円前後です。

グッズが揃ったらセッティングです。新聞紙や防水シートを引き、その上にトイレットシートを広げます。トイレの量に応じてシートの枚数を足したり、減らしたりしていけば効率的ですね。

3.トレーニング開始

トレーニングを開始しましょう!大事なポイントを2つご紹介します。

床の匂いを一生懸命嗅ぎ始めたら…

愛犬がクンクンと床の匂いを嗅ぎ始めたり、グルグル回り始めたらトイレのサインです。この兆候が見られたら「トイレ行こうね」と言って、専用のトイレスペースに連れて行ってあげましょう。簡単にまとめるとこの繰り返しになるのですが、途中で失敗してしまっても怒鳴らず、次回のトイレに期待をつなげましょう!

子犬にトイレのしつけのポイントは、「トイレ行こうね」という掛け声、排泄、トイレを一まとめで覚えること。この3つが連動していれば、トレーニングがスムーズに行きやすくなります。徐々に言葉をかけなくても自発的にトイレに行くようになります。それには、ある犬の持つ排泄の習性があるからなのです。

犬は足元の感覚でトレイを覚える

犬の排泄の習性は「足元の感覚でトイレの場所を覚える」ということです。トイレトレーニングを繰り返しているうちに、トイレシートの感覚を足元で徐々に覚えるようになってきます。そうすると、他の素材やフロアの上で排泄をしなくなるのです。

逆を返せば飼い主さんのベットで一緒に寝ている場合、万が一排泄をしてしまい、それに慣れてしまうとシーツ素材以外での排泄はしなくなるということです。もちろん、そうなったりしたら汗かきもの!最悪の事態を避けるためにも、トイレシートの上で毎回させるように促してあげて下さいね。トイレの場所も狭いサークル内ですが、少しずつ場所が決まってきます。そうすれば、シートの使用枚数も少なくなってくるでしょう。

トイレのしつけまとめ

トイレトレーニングは子犬の年齢が3か月前後なら、家にやってきてその日に始めても大丈夫です。ポイントはトイレの位置を寒くない場所に確保すること、トイレグッズを準備すること、そして子犬のトイレに行きたいというサインを見逃さないことです。自発的に行くようになるまでは多少時間はかかるかもしれませんが、犬は足元でトイレの感覚を覚える動物です。

トイレシートの感触を覚えれば、後は比較的楽です。数回の失敗はあるかもしれませんが決して怒らず、上手にできた時に「よくできたね!」と褒めてあげましょう。最初のうちは、寝起き、お水を飲んだ後、運動した後を目安に気をかけてあげると、排泄のサインを見逃さずに済みます。頑張って!

関連するキーワード


トイレ

関連する投稿


猫のにおい対策は万全?消臭防臭お役立ちグッズあれこれ

猫のにおい対策は万全?消臭防臭お役立ちグッズあれこれ

こんにちは!NPOイヌネコライフネットワークえひめに参加しているZOE-AMJPです。 我が家にはアラスカンマラミュート2頭のほか、雄猫2匹、雌猫が一匹います。 去勢していても、3匹いるとトイレのにおいは気になります。 我が家で使用して効果のあった商品、またおススメグッズをご紹介します。


猫トイレの置き場所の悩み解決!快適でおしゃれなアイディア17選

猫トイレの置き場所の悩み解決!快適でおしゃれなアイディア17選

猫にとっていくら快適なトイレであっても、寝室やリビングにでっかい猫トイレが堂々と存在するのは同居する人間的には避けたいですよね。匂い、砂の飛び散りなどは悩みの種です。猫も人も快適に過ごせるトイレのアイディアをまとめました。


飼い始めが大切。子犬とトイレシーツ、トイレトレーニングについて

飼い始めが大切。子犬とトイレシーツ、トイレトレーニングについて

犬にとっても排泄は日々欠かせない生理現象です。ですから、犬を飼う場合、トイレの問題はとても重要なテーマです。トイレシーツも専用トイレトレイも、はみ出し飛び散りに対応した新製品のトイレトレイ、改良のトイレシーツなど、日進月歩で改良を加えた新製品が出てきます。


飼い始めが肝心。愛犬のトイレのしつけの方法

飼い始めが肝心。愛犬のトイレのしつけの方法

子犬を迎えたその日から、トイレの「しつけ」をはじめなければなりません。可愛いという気持ちだけでは、長く一緒に暮らしていくことはできません。


これなら汚れない!?犬のおすすめトイレタリー6選

これなら汚れない!?犬のおすすめトイレタリー6選

愛犬を家の中で飼うにあたって一番気を付けたい場所。もしかしたらトイレではないでしょうか?室内で最も汚れてしまう箇所であり、最も清潔に保ちたい箇所でもあります。今回はおすすめのトイレタリーアイテムを6つ、ケース別に分けてまとめてみました。


最新の投稿


絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

人間にとって少量であれば健康にも良いとされるアルコールですが、犬にとってアルコールとはどんな作用があるのでしょうか。危険な犬とアルコールの関係を解説します。


愛犬に白髪が生えた!?知っておきたい犬の毛の退色とは?

愛犬に白髪が生えた!?知っておきたい犬の毛の退色とは?

人が年齢を重ねると黒髪が薄くなり、白髪が生えてきます。この現象は人ならではというイメージがありますが、実は愛犬にも白髪が生えてくることがあります。これを退色と言い、どんな犬でも加齢によって、白髪が増えていくのです。今回は、そんな愛犬の白髪(退色)について、くわしくご紹介します。


愛犬が自分の名前を覚えてくれない!しつけ方法のコツは?

愛犬が自分の名前を覚えてくれない!しつけ方法のコツは?

家族で愛犬を迎えた時に、まずどんな名前をつけようかと一生懸命名前を考えた人は多いのではないでしょうか?しかし、せっかく考えた名前で愛犬を呼んでも、それが自分のことだと認識できていないと悩む飼い主さんもいます。今回は、愛犬が名前を覚えてくれるしつけ方のコツをご紹介します。


犬猫以外のペットを飼う方必見!うちのペットは保険に入れるの?

犬猫以外のペットを飼う方必見!うちのペットは保険に入れるの?

熱帯魚、イグアナ、インコ、フェレットなどいろいろな動物を飼っている方がいるように、犬猫以外のペットを飼っている方はとても多いです。中でも魚類や鳥類は人気です。ただ犬猫以外のペットを飼っていると、ペット保険に入れるのか気になりますよね?この記事ではその疑問を解消していきます。


【困った!愛犬の吠え癖】落ち着きのコマンドを教えよう!

【困った!愛犬の吠え癖】落ち着きのコマンドを教えよう!

こんにちは。愛玩動物飼養管理士のヤナセです。 来客時や留守番、ゴハンや遊びの要求など、ワンワンと吠えはじめたら止まらない愛犬の吠え癖に、悩んでいませんか? 叱っても宥めても止まらない吠え癖には「落ち着きのコマンド」を上手に使って、愛犬の安心の暮らしを守りましょう。


人気ランキング


>>総合人気ランキング