ミニチュアピンシャーがかかりやすい病気とその対処法とは?

ミニチュアピンシャーがかかりやすい病気とその対処法とは?

略して「ミニピン」と言う呼び名で親しまれ、熱烈なファンもいる人気の小型犬です。エネルギッシュで頑丈なイメージのあるこのミニピンですが、ふとした病気に襲われる事も。そこでこの記事ではそんなミニピンがかかりやすい病気と、その対処法についてよく知ってもらって、長く楽しくミニピンと過ごすお手伝いができればと思います。


ミニチュアピンシャーってどんな犬?

どこでいつごろ生まれた犬種?

ミニチュアピンシャーはドイツ原産の小型犬で、元々はモグラやいたち等の小型な獣から畑や家畜を守るために改良されて品種です。
姿かたちがドーベルマンにそっくりで、名前に「ミニチュア」と入っていることから、ドーベルマンを小さく愛玩用に改良したもの思われる事も多いようです。しかし、祖先が同じ「ヘル・ピンシェル」種ということで似ているだけで、実は品種として誕生したのは約400年前でミニチュアピンシャーのほうが古く、むしろミニピンのほうが兄貴分に当たります。

どんな性格なの?

性格は外交的で活発、どんな敵にも向かっていく勇猛果敢さから、アメリカでは麻薬捜査犬として活躍していた事も。凛々しい顔つきとすばやい動きそのままに、非常に知能も高い犬種なので、しつけやすく飼い主に従順で、強い絆を作ることができます。しかしとても誇り高く、縄張り意識がとても強いので、侵入者や知らない犬等には猛烈な勢いで吠え掛かることがあります。

体の強さや寿命はどれぐらいなの?

食欲旺盛で何でも良く食べ、よく動き、よく遊ぶとてもエネルギッシュな犬種で動きは激しいですが、ピンシャー犬の特徴である厚くて強い皮で覆われていて、少々のことでは擦り傷や切り傷を負う様な事はありません。手入れもとても短毛なので、拭いてあげる程度でいつも清潔に保て、いつも元気であまり手がかからないのが特徴です。平均で13~14歳生きる比較的長く生きる犬種でもあります。

丈夫なミニピン!それでも気をつけたい3つの病気

ここまで説明した通りとても元気で丈夫なミニチュアピンシャーですが、飼育方法を間違ったり、老化が進むと病気になってしまう事も。
そこでここからは、ミニピンがかかりやすい4つの主な病気と、それぞれどうしたら防げるのかについて説明していきます。

かかりやすい病気その1・・・糖尿病

凛々しいスマートな体系からは想像も付かない病名がまず出てきましたが、糖尿病はミニピンがかかりやすい病気の第1番目に挙げられる病気です。人間同様、肥満を主な原因として起こる病気で糖尿病自体にさしたる症状はありませんが、失明や四肢の壊死など恐ろしい合併症を引き起こすことがあります。
これには人間、つまり飼い主におおきな責任が。と言うのもこのミニピンはその運動量に比例して非常に食欲が強く、与えたら与えただけ餌を食べてしまいます。また、忙しさ等から毎日の散歩等の運動をサボってしまうと、すぐに体重が増える犬種なのでこまめな運動と高齢化して動きがスローになったらシニア用の低カロリーな餌に変えるなどしっかりとした配慮をしてあげましょう。
また、水を呑む量が以上に増えたり、尿の回数と量が増えるとそれは糖尿病のサインかもしれないので、病院で検査をしたり療養食を使って食事療法をしたりして対処しましょう。

かかりやすい病気その2・・・進行性網膜萎縮

この病気は遺伝がその原因とされている目の病気で、網膜の細胞が徐々に壊れていって、まず暗いところや夜間ものが見えにくい「夜盲症」が始まります。そして悪化していくと、明るいところでの視力も落ちて最終的には完全に失明してしまいます。
遺伝的な要素の強いこの病気の予防法は残念ながらありません。飼い主ができる対処法は、この病だと診断されたときは、落下しそうな場所はないか、ぶつかったりするところはないかなど生活スペースでの危険を回避してあげることです。
一気に失明するわけでなく長い年月をかけてゆっくりと視力が落ちていく病気なので、日ごろからコミュニケーションを豊かにして住み慣れさせておけば、比較的不自由せずに予後を過ごせるケースも多くなるでしょう。

かかりやすい病気その3・・・レッグペルテス

おもに成犬になる前の成長期に発症する原因不明の難病で、当然明確な予防法は存在しません。「大腿骨頭」と言う股関節の一部に欠陥の損傷で血液等がいきわたらず、壊死して歩行に障害が出たり、とても痛がったりします。原因は確かにわかりませんが、治療法は確立していて、適切な外科手術で壊死した大腿骨頭をキレイに取り除けば、元気な姿を取り戻してくれるケースがほとんどです。処置が遅れると後遺症が残ってしまうこともある病気なので、1歳以下のミニピンを飼っている方は、もし歩行に違和感を感じたら簡単に自己判断せずに、すぐに行きつけの動物病院を受診してください。

まとめ

飼い主に最高の愛情と忠誠心を持って接してくれるミニチュアピンシャーは、その激しい動きと勇猛な性格から飼育が難しいと言われていますが、反対にじゃれてくる時の可愛らしさとのギャップがたまらない犬種です。元気に走りまわる健康的な姿が本来の姿なので、今回紹介した病気に注意して、もしなってしまったときは正しく対処をして、長く共に元気に過ごせるよう努力を惜しまないようにしましょう。

関連するキーワード


小型犬

関連する投稿


アートとプードルと猫と…NYのおしゃれなフォトグラファー「ps.ny」

アートとプードルと猫と…NYのおしゃれなフォトグラファー「ps.ny」

テディベアのようななんとも愛くるしい顔。そんなトイプードルがフォトグラファーの手にかかれば、アートになってしまうから不思議です。今回ご紹介するインスタグラムは、NYというおしゃれな街のフォトグラファーがおさめるペットのアートの世界です。


レース中のアスリートに野良犬が一目惚れ♪運命的出会いから奇跡に!

レース中のアスリートに野良犬が一目惚れ♪運命的出会いから奇跡に!

中国での過酷なレース中一目惚されたのはなんと小さな野良犬!2人の間に生まれた絆が奇跡を起こします!


今年のハロウィーンは愛犬も!怖可愛い愛犬用コスチューム10選

今年のハロウィーンは愛犬も!怖可愛い愛犬用コスチューム10選

暑い夏も通り過ぎ、もうすぐハロウィーン!家族や友人同士での仮装パーティーを計画している方は、今年は飼い犬も参加させてあげることを考えてみてはいかがでしょうか?ハロウィーンの本場欧米での、怖可愛いコスチュームアイデアをご紹介します♪


“犬嫌い”だったシェルターの保護猫。ビーグルに出会って数時間後…

“犬嫌い”だったシェルターの保護猫。ビーグルに出会って数時間後…

障害のせいでずっと飼い主さんが見つからなかった猫。しかも「犬嫌い」だと言われていたこの子が心優しいビーグルと出会うと……。2匹の変化に注目です♪


《おもしろ動画》小型犬の風船割りタイムアタック♪

《おもしろ動画》小型犬の風船割りタイムアタック♪

小型犬のワンちゃんが床に並べられた風船を片っ端から割っていきます。果たして何分で割り切ることができるのか…。面白いことを考えるご主人様ですね♪


最新の投稿


絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

人間にとって少量であれば健康にも良いとされるアルコールですが、犬にとってアルコールとはどんな作用があるのでしょうか。危険な犬とアルコールの関係を解説します。


愛犬に白髪が生えた!?知っておきたい犬の毛の退色とは?

愛犬に白髪が生えた!?知っておきたい犬の毛の退色とは?

人が年齢を重ねると黒髪が薄くなり、白髪が生えてきます。この現象は人ならではというイメージがありますが、実は愛犬にも白髪が生えてくることがあります。これを退色と言い、どんな犬でも加齢によって、白髪が増えていくのです。今回は、そんな愛犬の白髪(退色)について、くわしくご紹介します。


愛犬が自分の名前を覚えてくれない!しつけ方法のコツは?

愛犬が自分の名前を覚えてくれない!しつけ方法のコツは?

家族で愛犬を迎えた時に、まずどんな名前をつけようかと一生懸命名前を考えた人は多いのではないでしょうか?しかし、せっかく考えた名前で愛犬を呼んでも、それが自分のことだと認識できていないと悩む飼い主さんもいます。今回は、愛犬が名前を覚えてくれるしつけ方のコツをご紹介します。


犬猫以外のペットを飼う方必見!うちのペットは保険に入れるの?

犬猫以外のペットを飼う方必見!うちのペットは保険に入れるの?

熱帯魚、イグアナ、インコ、フェレットなどいろいろな動物を飼っている方がいるように、犬猫以外のペットを飼っている方はとても多いです。中でも魚類や鳥類は人気です。ただ犬猫以外のペットを飼っていると、ペット保険に入れるのか気になりますよね?この記事ではその疑問を解消していきます。


【困った!愛犬の吠え癖】落ち着きのコマンドを教えよう!

【困った!愛犬の吠え癖】落ち着きのコマンドを教えよう!

こんにちは。愛玩動物飼養管理士のヤナセです。 来客時や留守番、ゴハンや遊びの要求など、ワンワンと吠えはじめたら止まらない愛犬の吠え癖に、悩んでいませんか? 叱っても宥めても止まらない吠え癖には「落ち着きのコマンド」を上手に使って、愛犬の安心の暮らしを守りましょう。


人気ランキング


>>総合人気ランキング