セラピードッグをご存知ですか?どんな犬種が向いてるの?

セラピードッグをご存知ですか?どんな犬種が向いてるの?

セラピードッグという犬のお仕事をご存知ですか?病院に訪問したり、いろいろな病気を抱えている方と接するお仕事をしている犬の仕事の一種です。セラピードッグとはどんな役割を担っているのか、どんな犬種が向いているのかなど、セラピードッグについてまとめました。


セラピードッグってどんな仕事をするの?

セラピードッグという仕事をしている犬をご存知ですか?セラピードッグとは、どのような仕事を行うのでしょう?ドッグセラピーのお仕事を具体的にご紹介します!

セラピードッグといえば、セラピー活動!

セラピードッグで一番有名な仕事といえば、セラピー活動です。老人ホームや病院などで、お年寄りや患者さんと触れ合って傷や心の重りを取り除くセラピー活動を行う活動です。
医療は日々進歩していますが、心のケアをお行う点では薬ではどうしようもないことも多々あります。心の健康は心の純粋な人や動物とのふれあいで、認知症の患者さんや病気と日々闘っている方の心の栄養が満たされていくのです。
人が抱く邪念は、セラピードッグにはありません。その純粋でまっすぐな心がセラピードッグのもたらす力であり、セラピードッグのお仕事です。

障がいと生きる方の心の癒しにもセラピードッグは寄り添います

障がいを持つ方は、身体や知的な面だけでなく心の面でも私生活で少なからずの負担を抱えています。どのような障がいでも、やはり“普通”の生活はどこかしらで厳しい場面があり、そこで何らかの心の負担がかかります。
私生活での心の負担を軽減する面でも、セラピードッグは大活躍します。触れ合う方に心の健康をもたらします。

子どもたちの思いやりの気持ちをはぐくむお手伝いも行います

昨今の子どもたちを取り巻く環境は、ネットなどで決して良好とは言えません。殺伐としてしまうことも、実際には多々あります。
学校での生活では、たのしいばかりではありません。すさんでしまうことだってあります。学校での人間関係のトラブルは、時に命も危うくしてしまいます。
すさんでしまった心やいじめに走りそうになってしまう心情など、色々な心のケアを行うこともセラピードッグの仕事です。

セラピードッグはどうやってなるの?

セラピードッグも、盲導犬や聴導犬などと同じいように特別な訓練を受けています。どのような訓練を受けているのか、どのくらいの確率で背tらぴードッグとして活躍できるのでしょうか?

セラピードッグになるには

セラピードッグは盲導犬のようにパピーウォーカーに育てられます。1歳まではパピーウォーカーに育てられ、適性検査や基本的な訓練を受けます。
また遺伝性疾患の検査も行い、作業訓練をうけます。その過程でセラピードッグに適していない性格や特徴、疾患などが見つかったりと様々な要因で、訓練を受けていた約半数の犬がセラピードッグとは別の進路に進んでいきます。

進路変更したセラピードッグ訓練生は、どうなるの?

セラピードッグとしての活躍とは少し持っている素質が違っているという犬は、どのような進路をたどるのでしょうか?
一般的には家庭犬として里親にもらってもらうというケースが多いようです。しっかりと訓練の行き届いた犬ばかりなので、家庭犬として引き取ってもしつけの面では全く不自由ありません。
セラピードッグを要請する訓練所の犬舎で引き取り、ほかの場面で活躍するということもあります。ドッグカフェなどでも大活躍しています!

セラピードッグに向いている犬や、セラピー犬の引退後

セラピードッグに向いている犬は、どのような犬なのでしょうか?またセラピードッグの老後はどのように過ごすのでしょうか?

セラピードッグに向いている犬はどのような犬なの?

セラピードッグに向いている犬の性格は、活動的であることが大前提です!そして人とかかわることが好きであることも、大切なセラピードッグの必須条件です。
警戒心が強すぎず、比較的おとなしい興奮しにくい性格である犬が向いているといえます。また、セラピードッグの健康管理を行うのは人間の役割です。セラピードッグはお仕事で沢山に人と触れ合えるように、普段の私生活でも気を付けて健康管理を行ってあげる必要があります。

セラピードッグ引退後の生活

セラピードッグの引退は10歳を過ぎたころです。
引退したセラピードッグは、一般家庭に引き取られます。パピーウォーカーとして育ててもらった家庭に引き取られる場合もあります。
犬によって平均寿命は様々ですが、小型犬の場合は15歳以上の平均寿命の犬種もいます。のんびりと余生を過ごし、温かな家庭でのんびりとした生活に変化していきます。

セラピードッグのことをもっと知りましょう!

一昔前まで、あまりメジャーではなかったセラピードッグの存在。しかし今の複雑な社会の中では、なくてはならない存在です。
セラピードッグの専門的な訓練を受けている犬はもちろん、そうでない犬でも適切な性格や性質、しっかりと行き届いたしつけなどの項目をクリアして講習を受けると、セラピードッグとして活躍することが可能です。
セラピードッグはまだまだ知られるきっかけの少ない犬の職業です。セラピードッグ育成のための訓練士も、職業として存在しています。セラピードッグについてもっとよく知り、身近に感じることができる環境があれば最適です。将来犬とかかっていきたいと考えている方は、セラピードッグの訓練士も一つの選択肢として取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連するキーワード


セラピードッグ 犬種 仕事

関連する投稿


世界各国の犬種が集う!日本最大のドッグショーを楽しもう!

世界各国の犬種が集う!日本最大のドッグショーを楽しもう!

ドッグショーというものが開催されていることは知っていても、実際に会場まで足を運んだことがある人は少ないのではないでしょうか。今回は、世界各国の犬が集う、日本最大規模のFCIジャパンインターナショナルドッグショーをご紹介します。


世界で活躍できる!「海外トリマー」という働き方。

世界で活躍できる!「海外トリマー」という働き方。

トリマーは年齢に関係なく、実力次第でいつまでも活躍できる仕事です。今後は海外で活躍する日本人トリマーが増えてくるかもしれません。そんな「海外トリマー」という働き方について解説します。


トリマーになりたい!資格や学び方について解説!

トリマーになりたい!資格や学び方について解説!

愛犬を自分の手できれいにしてあげたい、トリミングを仕事にしたい。そんな風に思ったことはありませんか?トリミング犬種の飼い主さんなら自分の思い通りにカットしてみたいと思うのは当然です。今回は、トリマーになるための方法や資格について解説します。


トリマーの就職先は何がある?自分にぴったりな働き方を探そう

トリマーの就職先は何がある?自分にぴったりな働き方を探そう

トリマーとして長く働くためには、自分に合う就職先を選ぶことが大事です。そこで今回は、トリマーの主な就職先や働き方をご紹介したいと思います。また、将来的にどんなトリマーになりたいのか、どんな風に働きたいのかなどもイメージしてみてくださいね。


警察犬、盲導犬から荷役犬まで、世界中の働く犬たち!

警察犬、盲導犬から荷役犬まで、世界中の働く犬たち!

こんにちは!NPOイヌネコライフネットワークえひめに参加しているZOE-AMJPです。 世界中には様々な形で人間の役に立っている使役犬がいます。 警察犬や盲導犬だけではなく、人間のありとあらゆる場面で手助けをしてくれる頼もしい犬たちを紹介します♪


最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


人気ランキング


>>総合人気ランキング