トリミングの頻度と効果。トリミングは健康管理の大事な役割。

トリミングの頻度と効果。トリミングは健康管理の大事な役割。

犬を飼ったら、必ずトリミングに行かないといけないのでしょうか。そんなことはありません。犬の種類によっては、飼い主さんの日々のお手入れだけで十分な場合もあります。一方、定期的なトリミングが必須の犬種もいます。そもそもトリミングとは何か、トリミングが必要な犬種と不要な犬種、サロンの種類などを紹介します。


トリミングの元となっている英語の「trim」は、「刈り取って~を整える」「手入れする」「切り取る」「状況に合わせて調整する」といった意味です。これを犬の場合に当てはめてみると、「毛をきれいに切り揃える」といった意味になります。トリミングを行う人は「トリマー」さんといいます。

トリマーさんはどんなことをしてくれるの?

では、トリマーさんにトリミングをお願いすると、ただ毛をカットするだけなのでしょうか。そんなことはありません。通常料金に含まれるかオプション料金かはトリマーさんによって異なりますが、次のような処置もやってくれます。
・ シャンプー
・ 毛のカット(本来の意味での「トリミング」)
・ 爪切り
・ 耳掃除
・ 足回りの毛のカット
・ 足裏のバリカン
・ 肛門腺しぼり
・ ヒゲのカット
・ ドライヤー
・ ブラッシング
・ 歯磨き
これ以外にも、泥パックやハーブパック、マイクロバブル、薬浴などをしてくれるところもあります。

トリミングはダニやノミの除去、病気の予防になる

トリミングというと、見た目を美しく保つための贅沢な行為、というイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれません。たしかに一部の犬種、たとえばプードルなどは、特殊なカットを施して美しいスタイルを保つためなど、美容目的でトリミングを行う場合があります。
しかし多くの愛犬にとってのトリミングには、健康管理上もっと大事な役割があります。

清潔に保つため

特に肛門の周りはフンがつきやすく、汚れやすいため、肛門腺しぼりなどでフンをしやすくしたり、きれいに拭いてあげたりする必要があります。

怪我・病気の予防

たとえば、足裏の毛の手入れを怠ると、伸び放題の毛がフローリングの床などに引っかかり、転倒して思わぬ怪我をする恐れがあります。

ダニ・ノミの除去

特に長毛・多毛の犬種は、ダニやノミに気を付ける必要があります。トリミングで清潔を保ち、物理的にも毛を短くすることでダニやノミの居場所を減らすことができます。

トリミングの必要な犬種・不要な犬種

「毛をカットする」という意味では、トリミングが必要ない犬種もあります。ただし、ブラッシングやシャンプーなどは、どんな犬種でもしてあげる必要があります。
では、毛をカットする「トリミング」が必要なのはどんな犬種でしょうか? ひとことでいうと、被毛が伸びる長毛の犬種です。
犬には「ダブルコート」と「シングルコート」のタイプがあります。ダブルコートの犬種は「上毛」と「下毛」の二重構造になっており、毛が伸びません。
一方のシングルコートの犬種は、被毛が伸びる長毛のタイプの犬です。毛が伸びるので、定期的にトリミングする必要があります。

ダブルコートの犬種(トリミングが不要な犬種)

・ パピヨン
・ チワワ
・ シュナウザー
・ シェットランド・シープードッグ
・ パグ
・ フレンチブル・ドッグ
・ 柴犬
・ ビーグル
・ コーギー
・ ゴールデン・レトリーバー
・ ラブラドール・レトリバー
など

シングルコートの犬種(トリミングが必要な犬種)

・ プードル
・ ヨークシャー・テリア
・ マルチーズ
・ パピヨン
など

トリミングをしてくれる場所(トリミングサロン)

トリミングは通常「トリミングサロン」でやってもらいます。トリミングサロンにも様々な形態のものがあり、それぞれ特徴がありますので、飼い主さんの生活スタイルや愛犬の性格などに合ったところを選びましょう。

ペットホテルに併設されたトリミングサロン

ペットホテルにトリミングサロンが併設されているタイプです。飼い主さんの旅行などでペットホテルに預けるついでにトリミングもやってもらうなど、便利な面があります。

病院に併設されたトリミングサロン

動物病院に併設されたトリミングサロンも多く存在します。病院併設のサロンのメリットは、トリミングの最中に万が一具合が悪くなった場合に、すぐ対処してもらえる点です。また、トリミング中にトリマーさんが健康上気になることがあれば、獣医さんに相談したり、飼い主さんに連絡して治療を勧めてくれたりして、とても安心感があります。

個人のトリマーさん

自宅などで個人でトリミングを行っているトリマーさんもいます。ホームページを持っていない方も多く、なかなか探すのは難しいかもしれませんが、お散歩のときに他の飼い主さんから情報を得るなど、評判のいいトリマーさんがいればお願いしてみてはいかがでしょうか。

ドッグカフェなどに併設されたトリミングサロン

関連する投稿


自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

犬用リボンはトリミングサロンならではのサービスだと思っていませんか?自分でリボン付けができるようになると、好きなリボンを自由に選んで楽しめますし、イベントに合わせたリボンで注目の的になることもできますよ!そこで今回は、犬用リボンの付け方やコツについてトリマー目線で解説したいと思います。


【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

肛門腺絞りは犬のお手入れの中でも意識することは少ないかもしれません。でも、肛門腺がたまったまま放置してしまうと思わぬ病気につながる可能性もあるのです。そこで今回は、肛門腺絞りの必要性と、自宅でのやり方やコツについて解説したいと思います。


出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングというサービスはご存じでしょうか?自宅にいながら愛犬のカットをしてもらえると、近年ニーズが高まっているトリミングサービスの一つです。興味を持っている飼い主さんのために、出張トリミングを利用するメリットやデメリットを、トリマー目線でご紹介します。


理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

トリミングが必要な犬種の飼い主さんなら、愛犬のカットを思い通りに楽しみたいですよね。でも、いざトリミングに出してみると、希望していたスタイルとは程遠い仕上がりに…。これは一体どうしてなのでしょうか。そこで今回は、上手なトリミングの注文のコツをご紹介したいと思います。


トリミングは何ミリが理想?トリマーが使うバリカンについて解説します!

トリミングは何ミリが理想?トリマーが使うバリカンについて解説します!

トリミングしたときの毛の長さはバリカン刃によって決まります。また、犬の体のどの部分を刈るかによっても仕上がりの印象は変わってきます。今回は、普段トリマーが使っているバリカンについて解説したいと思います。


最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


人気ランキング


>>総合人気ランキング