クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


はじめに

パグやペキニーズといった小型犬からナポリタン・マスティフやイングリッシュ・マスティフといった超大型犬まで体や顔にシワの多い犬種はさまざまです。強面のコも多いですが、そのたるんだ皮膚がいい味をだして不思議な魅力を醸し出しています。

シワの多い犬種はブルドッグ系、マスティフ系に多く見られ、また短毛で鼻のつぶれたコが多いです。ここでは愛嬌たっぷりのシワシワの犬種10種を紹介したいと思います。

シワシワな犬種10種!

チャイニーズ・シャー・ペイ

原産国:中国

毛色:ブラック、ブラウン、フォーンなど

サイズ:大型犬

単にシャー・ペイと呼ばれることもあります。シャー・ペイ(沙皮)は中国語で「垂れ下がった皮膚」「ざらざらした皮膚」という意味です。中国では家畜の見張り犬、狩猟犬として活躍し、また食用犬として利用されていたこともあります。

大きい頭にシワシワの皮膚、青紫の舌が特徴的です。
そのシワシワの顔からいつでも悲しげに見える愛嬌たっぷりの「ブサカワ犬」です。特に子犬のときには全身シワだらけでなんともいえずキュートです。成犬になるにつれてたるみが減り、背中の辺りを中心にシワが見られます。

悲しげな表情とは裏腹に明るく、愛情深い性格です。冷静で知的、頑固な一面もあります。
飼い主には忠実ですが、知らない人には警戒心を示し、闘争心を持つこともあります。

イングリッシュ・ブルドッグ

原産国:イギリス

毛色:ブリンドル、ホワイト、フォーンなど

サイズ:中型犬

筋肉質でがっしりした体格に鼻ぺちゃ、シワシワな顔が愛嬌のあるイングリッシュ・ブルドッグ(一般的にブルドッグといえばイングリッシュ・ブルドッグを指します)。

もともとは犬と牛を戦わせる「ブル・ベイティング」に使用されていましたが、愛玩犬用に改良されたのが、現在のブルドッグです。

いかつい外見とは違い、その性格は温和で明るく、人懐っこい甘えん坊です。
飼い主に忠実で冷静、頑固な一面もあります。

パグ

原産国:中国

毛色:フォーン、ブラック、グレーなど

サイズ:小型犬

深いシワが刻まれた心配顔のパグ。つぶれた鼻と、うるうるの大きな瞳…決してハンサムとはいえませんが、そのアンバランスさがキュートな容姿で人気の犬種です。

骨格がしっかりとした体格の持ち主。性格は穏やか、陽気でやんちゃ、活発な犬です。その反面、嫉妬心が強く、頑固な一面もありますが、しつけやすく飼いやすい犬種だといわれています。

ナポリタン・マスティフ

原産国:イタリア

毛色:フォーン、ブラック、グレーなど

サイズ:超大型犬

イタリアン・マスティフとも呼ばれるイタリア原産の超大型犬。
もともとは闘犬として使用されていましたが、闘犬が禁止されたあとは警察犬としても活躍しています。番犬としても優れており、ペットやショードッグとしても飼育されています。

強面の外見とは違い優しく、マスティフ犬種のなかでは比較的温厚だといわれています。飼い主には忠実ですが、マイペースで何にも物怖じしない性格からしつけを間違うと攻撃的になることもあります。サイズも大きく、初めて犬を飼う人や小さい子供のいる家庭にはおすすめの犬種とはいえません。

ボルドー・マスティフ

原産国:フランス

毛色:レッド、マホガニー、イザベラカラーなど

サイズ:大型犬

フランス・マスティフとも呼ばれ、フランス原産の犬種のなかで最も古い歴史を持つといわれています。映画「ターナ&フーチ/すてきな相棒」のなかでトム・ハンクスの相棒「フーチ」を演じた犬種としても知られています。

大きくてシワシワの頭、泣き顔の持ち主。怖そうな外見ですが、穏やかで落ち着いた性格。我慢強く、飼い主に忠実で従順な犬です。見知らぬ人には警戒心を示すので、番犬にも向いています。

社交性もあり、他のペットや子供とも相性がよいといわれています。現在、警察犬としても活躍していますが、数が少なく、原産国のフランスでさえあまり見られない貴重な犬種です。

ブラッド・ハウンド

原産国:ベルギー

毛色:バイカラー、レッドなど

サイズ:大型犬

大型犬のなかで最も愛嬌のある犬種の1つとして人気のブラッド・ハウンド。犬のなかでも嗅覚が非常に優れていることでも有名です。そのため追跡型の猟犬として活躍、近年は嗅覚を生かし、警察犬としても使用されています。

温和でおおらか、従順な性格ですが、独立心旺盛で頑固な面も。何かを探し始めると、見つけるまでとことん探し続けます。

イングリッシュ・マスティフ

原産国:イギリス

毛色:フォーン、アプリコット、ブリンドルなど

サイズ:超大型犬

単にマスティフとも呼ばれています。
大きな頭に筋肉隆々の体つきが特徴。ライオンとのファイティングドッグとして使用された歴史があります。それ以後は家畜を守る見張り犬、番犬として活躍してきました。

物静かでおおらか、優しく、忍耐力もあり、他のペットや子供とも相性がいいといわれています。飼い主には忠実な甘えん坊ですが、見知らぬ人には警戒心を示し、責任感も強いので番犬に向いています。サイズが大きく、適切な飼育環境が必要となり、また正しくしつけないと手がつけられなくなることもあるので、上級者向けの犬種といえます。

ブル・マスティフ

原産国:イギリス

毛色:フォーン、ブリンドルなど

サイズ:超大型犬

マスティフとブルドッグを交配し、固定されたのがブル・マスティフです。
顔はブルドッグ、体格はマスティフというのが一般的です。

穏やかで優しく甘えん坊。忍耐力もあります。
見知らぬ人には強い警戒心を示し、防衛本能の強い犬種です。しつけは難しく、初級者にはおすすめの犬種ではありません。

フレンチ・ブルドッグ

原産国:フランス

毛色:ブラック、ホワイト、フォーンなど

サイズ:小型犬

シワシワの顔に筋肉質な体格。ブルドッグのミニチュア版といった感じのフレンチ・ブルドッグですが、ピンと立ったコウモリ耳が特徴的です。

おおらかで遊び好き、陽気で活発な犬です。社交的で頭もよく、愛情深い性格です。

関連する投稿


自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

犬用リボンはトリミングサロンならではのサービスだと思っていませんか?自分でリボン付けができるようになると、好きなリボンを自由に選んで楽しめますし、イベントに合わせたリボンで注目の的になることもできますよ!そこで今回は、犬用リボンの付け方やコツについてトリマー目線で解説したいと思います。


【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

肛門腺絞りは犬のお手入れの中でも意識することは少ないかもしれません。でも、肛門腺がたまったまま放置してしまうと思わぬ病気につながる可能性もあるのです。そこで今回は、肛門腺絞りの必要性と、自宅でのやり方やコツについて解説したいと思います。


出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングというサービスはご存じでしょうか?自宅にいながら愛犬のカットをしてもらえると、近年ニーズが高まっているトリミングサービスの一つです。興味を持っている飼い主さんのために、出張トリミングを利用するメリットやデメリットを、トリマー目線でご紹介します。


健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

喜ぶからとおやつをたくさん与えていたら、いつの間にかコロコロに太っていたなんてことはよくある話です。犬のダイエット、正しい仕方はご存じですか?


理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

トリミングが必要な犬種の飼い主さんなら、愛犬のカットを思い通りに楽しみたいですよね。でも、いざトリミングに出してみると、希望していたスタイルとは程遠い仕上がりに…。これは一体どうしてなのでしょうか。そこで今回は、上手なトリミングの注文のコツをご紹介したいと思います。


最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

人間にとって少量であれば健康にも良いとされるアルコールですが、犬にとってアルコールとはどんな作用があるのでしょうか。危険な犬とアルコールの関係を解説します。


人気ランキング


>>総合人気ランキング