トリミングサロン料金の相場ってどれぐらい?節約する方法はある?

トリミングサロン料金の相場ってどれぐらい?節約する方法はある?

トリミングサロンを利用したい!でも料金はどれぐらいかかるんだろう…。少しでも料金を節約する方法ってある?そんな人のために今回は、トリミングサロン料金の相場と節約方法をご紹介したいと思います。


愛犬をトリミングサロンに出してみたい!

トリミングサロンと聞くと小型のカット犬種が通うイメージかもしれません。

でも、中型犬の柴犬や、大型犬のゴールデンレトリーバーなど実にさまざまな犬種がトリミングサロンを利用していますよ。

とくにカットの必要がない犬種でも、シャンプーをして抜け毛を除去するだけで見違えるほど美しくなります。

サロンは基本的に、混合ワクチンと狂犬病のワクチン接種が終わっていて、人に対する攻撃性がなければどんな犬でも受け入れ可能です。

うちの犬も利用してみたいけど、トリミングの料金ってどれぐらいかかるんだろう。そんな人のために、まずはトリミングサロン価格の相場をご紹介したいと思います。

トリミングサロンでは何をするのか

トリミングサロンのコースは主に、シャンプーコースとトリミングコース(カットコース)の2種類があります。

シャンプーコース

・爪切り
・部分バリカン(足裏・お腹)
・耳そうじ
・肛門腺絞り
・シャンプー

トリミングコース(カットコース)

・爪切り
・部分バリカン(足裏・お腹)
・耳そうじ
・肛門腺絞り
・シャンプー
・全身カット

そして最後にリボンやチョーカーなどの飾りをつけて仕上がりとなります。しかし、お店によって多少の違いはあるかもしれません。

不安な人はサロンを利用する前に問い合わせておくと良いでしょう。

犬種や大きさで変わるトリミング料金の相場

トリミング料金は犬種や大きさ、またはお店によって変わります。

シャンプー料金の相場

・小型犬 3,000円~4,000円

・中型犬 4,000円~6,000円

・大型犬 6,000円~10,000円

・超大型犬 10,000円~18,000円

トリミング(カット)料金の相場

・小型犬 5,000円~8,000円

・中型犬 6,000円~9,000円

・大型犬 10,000円~18,000円

どうしてサロン料金に差が出るの?

トリミングサロンの料金は

・毛の長さや質
・体の大きさ
・もつれ・毛玉の有無

によって変わります。

一般的に毛が長い犬や、体が大きい犬は料金が高い傾向にあります。

たとえば、スムースコートチワワよりもロングコートチワワの方が料金は高いことが普通です。また、プードルのようにクルクルの特殊な毛質は割高です。

そして体の汚れ具合やもつれ・毛玉の有無によってもプラス料金が発生します。

もつれ・毛玉料金の相場はトリミング料金に上乗せで500円~となります。全身にひどいもつれがあり、刈らずにほぐしたい場合は2,000円以上かかることもあります。

また、トリミング料金はサロンの立地でも変わります。たとえば、地方と都会では都会の方が割高ですし、都会の中でも地価が高い場所にあるサロンの料金は高めです。

雑誌に載るカリスマトリマーを指名した場合は相場よりも高くなるでしょう。

トリミングサロンの料金を節約する方法

トリミングサロンの料金を少しでも節約したいと思う人は多いはず。とくに毎月サロンに通っている人なら1年間で結構な額になりますよね。

トリミングサロンの料金を節約する方法は主に3つあります。

サロンの会員になる

トリミングサロンの中には「会員制」を導入しているところがあります。年会費がかかりますが、1回あたりのトリミング料金がかなり安くなるので、頻繁に通いたい人に最適です。

ただ年会費は先払いなので、途中で通わなくなったり、引っ越しが多かったりすると損してしまう可能性もあります。

初めて利用するときはあえて会員にならずにサロンの雰囲気や様子を見ておくと良いでしょう。

自分でカットする

自分でトリミングできれば最強の節約になります。トリミングの道具は、プロが使うものをインターネットですべて調達できるので、始めようと思えばすぐに始められます。

ただ、事前にカットに関する知識や、カットのやり方を覚えておく必要があります。それに初めてトリミングをする場合は思った以上に時間がかかるでしょう。

仕事として成り立つということは、やっぱりそれだけ大変だということです。それに道具の扱いに慣れていなければケガをさせてしまう可能性もあります。

また、自宅カットでトリミングに対して嫌なイメージがついてしまい、いざサロンに行ったときに嫌がってしまうこともあります。

ただ、犬の性格によっては飼い主さんがカットすることで安心します。臆病な犬は時間がかかっても自宅でカットした方が良い場合もあります。

専門学校でカットモデルをする

トリミング専門学校のモデル犬としてカットしてもらう方法もあります。トリマーになるためには色んな犬種のカットを幅広く学ばなくてはいけません。

どの専門学校でもモデル犬は一定数確保しておく必要があるため、料金は安いのに、仕上がりはサロンでのカットと何ら変わらないことがメリットです。

カットモデルの相場は、小型犬なら2,000円程度。中型犬や大型犬でも相場の半額以下でカットしてもらえます。また無料で送迎のサービスをしている学校も多いので、わざわざ連れていくこともありません。

ただ、トリミングに慣れていない1年生だと、午前中から始まって夕方に終わるなど、時間がかかるので犬に負担がかかるかもしれません。

また、ケガをする可能性も否めません。とくに爪切りで出血させる確率は高いでしょう。

しかしカットモデル犬がいなければ未来のトリマーを育てることはできません。それに、カットする生徒たちはとても純粋。愛犬を大切に扱ってくれるはずですよ。

愛犬にとってベストな選択を

関連する投稿


自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

犬用リボンはトリミングサロンならではのサービスだと思っていませんか?自分でリボン付けができるようになると、好きなリボンを自由に選んで楽しめますし、イベントに合わせたリボンで注目の的になることもできますよ!そこで今回は、犬用リボンの付け方やコツについてトリマー目線で解説したいと思います。


【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

肛門腺絞りは犬のお手入れの中でも意識することは少ないかもしれません。でも、肛門腺がたまったまま放置してしまうと思わぬ病気につながる可能性もあるのです。そこで今回は、肛門腺絞りの必要性と、自宅でのやり方やコツについて解説したいと思います。


出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングというサービスはご存じでしょうか?自宅にいながら愛犬のカットをしてもらえると、近年ニーズが高まっているトリミングサービスの一つです。興味を持っている飼い主さんのために、出張トリミングを利用するメリットやデメリットを、トリマー目線でご紹介します。


理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

トリミングが必要な犬種の飼い主さんなら、愛犬のカットを思い通りに楽しみたいですよね。でも、いざトリミングに出してみると、希望していたスタイルとは程遠い仕上がりに…。これは一体どうしてなのでしょうか。そこで今回は、上手なトリミングの注文のコツをご紹介したいと思います。


トリミングは何ミリが理想?トリマーが使うバリカンについて解説します!

トリミングは何ミリが理想?トリマーが使うバリカンについて解説します!

トリミングしたときの毛の長さはバリカン刃によって決まります。また、犬の体のどの部分を刈るかによっても仕上がりの印象は変わってきます。今回は、普段トリマーが使っているバリカンについて解説したいと思います。


最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

人間にとって少量であれば健康にも良いとされるアルコールですが、犬にとってアルコールとはどんな作用があるのでしょうか。危険な犬とアルコールの関係を解説します。


人気ランキング


>>総合人気ランキング