痛くてかわいそう!犬の口内炎の症状とは?

痛くてかわいそう!犬の口内炎の症状とは?

犬の口内炎って見たことがありますか?人間の口内炎とは少し様子が違います。予防法などはあるのでしょうか。


犬の口内炎とはどんなもの?

犬の口内炎は、人の口内炎とは症状が少し異なります。犬の口内炎には、系統性口内炎と潰瘍性口内炎の2種類に分かれます。中でも潰瘍性の口内炎は、喉付近から口の中全体にまで広がることもある、大変厄介な症状です。

人の口内炎が、口の中のほんの一部分だけにしかできないものにも関わらず、あれほどまでに痛く辛い思いをするのに、口全体にまで広がってしまう犬の口内炎は、想像しただけでも犬の辛さが分かるようです。

犬の口内炎の具体的な症状とは?

犬の口内炎の症状は様々で、そのどれかひとつの症状が出る場合もあれば、いくつかの症状が同時に現れる場合もあります。
よくある症状としては、口の中に潰瘍(口の粘膜部分に穴があいたようにただれた箇所がある)ができ赤く腫れたり、普段より口臭が強くなります。

他にも、大量の粘液質のよだれが出る、何かを食べているわけでもないのに口をくちゃくちゃと動かす、痛みにより食欲が落ちるなどがあります。

お腹を空かせているはずなのにごはんを食べなかったり、普段よりよだれの量が多いなど、「普段と様子が違うかな?」と思う時には、犬の口の中をのぞいてみてあげてください。

口内炎の原因は?

人の口内炎が原因不明であるのと同じく、要因では?とされていることは様々ありますが、絶対的にこれが原因ということは、ハッキリとはまだおらず、様々な理由で口内炎が発生していると考えられています。

たとえば、歯周病も口内炎の原因のひとつだと言とわれています。定期的なチェックと歯石を取ることが予防につながります。歯茎が腫れていたり、歯と歯茎の間についた歯石などの隙間からばい菌や細菌が入り口内炎になるのでは?などと考えられています。

細菌や病原性微生物の感染の場合、カンジタなどの真菌やジステンバーウィルスなどの感染も原因だと言われています。

アレルギー性の疾患による理由で口内炎になることもあると言われています。具体的には、アレルギー性の皮膚炎のようなものや、水ぶくれなど、通常であれば皮膚に症状が現れるようなものが、口の中にできてしまうことで口内炎になる(口内炎として扱われる)場合もあります。

糖尿病や腎臓病、天疱瘡など、全身疾患の病気の症状のうちのひとつとして、口内炎が現れることもあります。人間でいうと、風邪をひいて熱が出たときに、「熱の花」と言われる口内炎ができることと似ています。全身疾患による口内炎を「系統性口内炎」といいます。

人間と同じように、口の中にできた傷がきっかけで口内炎になってしまうこともあります。犬の場合は、歯磨きガムなど硬い食べ物で傷がついたり、おもちゃで遊んでいるときに傷がついたり、何かにぶつかったりした拍子に歯で傷をつけてしまった場合など、口内炎に発展してしまうことがあります。

犬の口内炎の治療ってどんなもの?

痛そうな口の様子を見ていると、飼い主さんは一刻も早く治してあげたいと思うことでしょう。犬の口内炎の治療とはどのような処置をするのでしょうか?

系統性口内炎の場合

系統性口内炎の場合は、やはり原因になっている全身疾患を治すことを第一に考えられます。全身疾患の方の病気を治すことで、口内炎は自然と治っていきます。反対に、そちらを優先して治さなければ、口内炎は何度でも繰り返しできてしまいます。

歯科的なものの場合

溜まった歯石が原因になっておる場合など、歯科的な要素のものの場合は、歯石の除去をはじめ、歯肉の炎症を抑える薬を塗ったり、時には抜歯なども行いながら治療をすすめます。
歯を数本ないし、ほとんどを抜いてしまったとしても、犬はごはんを食べるときは丸のみをしている場合がほとんどなので、生きていく上で特別に問題になるようなことはありません。

炭酸ガスレーザー

炭酸?ガス?レーザー???と名前だけを聞くと、なんとも大がかりな治療法のように感じられますが、難治性の口内炎の場合には、非常に有効な治療方法です。

炭酸ガスレーザーとは、水に吸収されやすい性質を持っているレーザーで、これを照射することによって、水分を多量に含んでいる皮膚組織、及び周辺部を蒸散させることができま

炭酸ガスレーザーは、切開と同時に神経を閉じてしまうことができるので、処置後に痛みを感じることがなく、口内炎が痛くてごはんが食べられなかった犬でもごはんを食べることができるようになります。麻酔も不要なので、体への負担も少なくて済みます。

口内炎を予防するには?

口内炎を予防するには、やはり口の中を清潔にしておくことが一番です。定期的なチェックと歯磨きが重要になります。また、系統性口内炎のように全身疾患から口内炎になる場合もあるので、犬の健康診断も大切です。

口内炎のチェックをしていて、しこりやにじみ出るような出血が見られる場合には、メラノーマ(悪性黒色腫)や他の病気の疑いもあるので、すぐに動物病院を受診することをおすすめします。
何事も早期発見&早期治療を習慣づけましょう!

関連するキーワード


口内炎 メラノーマ

関連する投稿


健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

喜ぶからとおやつをたくさん与えていたら、いつの間にかコロコロに太っていたなんてことはよくある話です。犬のダイエット、正しい仕方はご存じですか?


犬のお食事 おすすめ食材【れんこん】

犬のお食事 おすすめ食材【れんこん】

犬のお食事を用意する時に、トッピングのレパートリーがないなぁという悩みはありませんか?おすすめ食材「れんこん」についてまとめてみました。


ツライ症状をなんとかしてあげたい!犬の薬の飲ませ方

ツライ症状をなんとかしてあげたい!犬の薬の飲ませ方

犬に薬を飲ませる時、苦戦している飼い主さんはいませんか?犬の薬の飲ませ方と注意すべきポイントをチェックしてみましょう!


GoProで愛犬の世界を体験しよう!

GoProで愛犬の世界を体験しよう!

犬の世界ってどんな感じ?と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな気持ちに応えてくれるカメラがあります。さぁ!GoProで愛犬と世界を共有しましょう!


【簡単&格安】ペット用消臭剤を手作りしよう!

【簡単&格安】ペット用消臭剤を手作りしよう!

ペットを飼っているとおしっこや毛の臭いで悩む飼い主さんも多いものです。今回は、簡単&格安でペット用の消臭剤をハンドメイドする方法をお伝えします。


最新の投稿


絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

絶対ダメ!!犬にアルコールを与えるリスク

人間にとって少量であれば健康にも良いとされるアルコールですが、犬にとってアルコールとはどんな作用があるのでしょうか。危険な犬とアルコールの関係を解説します。


愛犬に白髪が生えた!?知っておきたい犬の毛の退色とは?

愛犬に白髪が生えた!?知っておきたい犬の毛の退色とは?

人が年齢を重ねると黒髪が薄くなり、白髪が生えてきます。この現象は人ならではというイメージがありますが、実は愛犬にも白髪が生えてくることがあります。これを退色と言い、どんな犬でも加齢によって、白髪が増えていくのです。今回は、そんな愛犬の白髪(退色)について、くわしくご紹介します。


愛犬が自分の名前を覚えてくれない!しつけ方法のコツは?

愛犬が自分の名前を覚えてくれない!しつけ方法のコツは?

家族で愛犬を迎えた時に、まずどんな名前をつけようかと一生懸命名前を考えた人は多いのではないでしょうか?しかし、せっかく考えた名前で愛犬を呼んでも、それが自分のことだと認識できていないと悩む飼い主さんもいます。今回は、愛犬が名前を覚えてくれるしつけ方のコツをご紹介します。


犬猫以外のペットを飼う方必見!うちのペットは保険に入れるの?

犬猫以外のペットを飼う方必見!うちのペットは保険に入れるの?

熱帯魚、イグアナ、インコ、フェレットなどいろいろな動物を飼っている方がいるように、犬猫以外のペットを飼っている方はとても多いです。中でも魚類や鳥類は人気です。ただ犬猫以外のペットを飼っていると、ペット保険に入れるのか気になりますよね?この記事ではその疑問を解消していきます。


【困った!愛犬の吠え癖】落ち着きのコマンドを教えよう!

【困った!愛犬の吠え癖】落ち着きのコマンドを教えよう!

こんにちは。愛玩動物飼養管理士のヤナセです。 来客時や留守番、ゴハンや遊びの要求など、ワンワンと吠えはじめたら止まらない愛犬の吠え癖に、悩んでいませんか? 叱っても宥めても止まらない吠え癖には「落ち着きのコマンド」を上手に使って、愛犬の安心の暮らしを守りましょう。


人気ランキング


>>総合人気ランキング