ゴールデンレトリーバーに女性飼い主は不向きって本当?

ゴールデンレトリーバーに女性飼い主は不向きって本当?

盲導犬や人命救助犬としても活躍するゴールデンレトリーバーは、とても従順で穏やかな性格をしています。子供の相手をしてくれたり、高齢者に寄り添ったり、幅広い年齢層の人々のパートナーになれます。しかし「女性の飼い主には不向き」といわれることがあります。そんなゴールデンレトリーバーの飼い方を紹介します。


こんにちは。小動物看護士(ドッグシッター/小動物介護士)の須永智尋です。大型犬の中でトップの人気を誇るゴールデンレトリーバーは、従順で社交的、番犬になれないくらい万人に友好的に接してくれます。しかし女性は飼い主に少々不向きな面があるといわれているのをご存知ですか? ゴールデンレトリーバーの特徴や性格と合わせて飼い方を考えてみましょう。

ゴールデンレトリーバーの特徴

イギリス原産のゴールデンレトリーバーは成犬になると体重がオス30~36kg、メス27~33kg、体高(地面から背中までの高さ)がオス56~61cm、メス51~56cmくらいになります。

元々が鳥猟犬なので陸でも水の中でも軽やかに動き回り、飼い主のために働くことが大好きです。子供の遊び相手になったり、高齢者に寄り添ったりしてくれる上に、小型犬や猫など他の動物と一緒に飼うこともできます。

一頭目のしつけをしっかりすれば多頭飼いも難しくありません。盲導犬や人命救助犬として活躍するゴールデンレトリーバーは信頼できるパートナーとして人の社会によく馴染んでくれます。

メスの方が飼いやすい

大人しくて聡明なゴールデンレトリーバーは人の指示に喜んで従い、臨機応変に状況判断して行動できるので実に頼りになります。ただ、オスとメスを比較するとメスの方が従順です。

ゴールデンレトリーバーに限りませんが、オスには「強さを誇示したい」「リーダーになりたい」という本能があります。また「家族や仲間を守りたい」という正義感もあります。

こうしたことから、オスのゴールデンレトリーバーが女性の指示をきかないことがあります。特に、犬を訓練するのに慣れていない女性、高齢の女性が飼い主の場合、オスのゴールデンレトリーバーはなかなか従ってくれないケースが珍しくありません。

オスを飼うなら犬のトレーニングに慣れている女性や、大人の男性が家族にいる家庭がお勧めです。

必要なボディケア

優雅で美しい姿を維持するにはグルーミングが欠かせません。次のようなボディケアを丁寧に続けてください。

ブラッシング

金色の毛並みが美しいボディを維持するためにも、毎日のブラッシングが欠かせません。汚れを拭き取り、ピンブラシを使って丁寧に抜け毛を取り除いた後、コームで仕上げてください。

年2度の換毛期には高い頻度で時間をかけてブラッシングしてあげてくださいね。ブラッシングが不十分だと皮膚病の原因になります。

歯磨き

歯周病や歯肉炎は万病の元と言われています。人でも口内炎や歯周病などになると物が食べられず、体力が低下しますよね。さらに歯肉の傷口から細菌やウイルスが侵入して全身性の病気の原因になってしまいます。

これは犬も同じです。健康のためにも必ず歯磨きができるよう、子犬の頃からトレーニングするようにしてください。

耳掃除

愛らしい垂れ耳の内側には湿気がこもりやすく、耳垢も溜まります。外耳炎の原因になったり、寄生虫のすみかになってしまうので定期的にイヤーローションと脱脂綿を使って耳の中を掃除してください。

綿棒は慣れるまで使わない方が安全です。耳をめくってイヤーローションを入れ、外耳道部分を揉むようにしてから浮き上がってきた汚れをぬぐい取ってください。汚れをとった後、イヤーパウダーを使うと中を乾燥させられ、臭い予防にもなります。

爪切り

犬の爪には血管が通っています。ピンクに見える所を切ると出血するので注意してください。爪を切らないと自分の爪で肉球を傷付けてしまいますし、ピンクの部分もどんどん伸びてきます。

爪はこまめにチェックして定期的に白い部分をカットしましょう。粉末状の止血剤を常備しておくと切りすぎて出血した時に直ぐ、血を止められますよ。

部分的なトリミング

耳の毛、足の指の間から肉球側にはみ出ている毛、足先の毛、肛門周辺の毛は短くカットしてあげましょう。焦らず、ゆっくりでいいので少しずつカットしてあげてください。

刃の短いはさみを使うとカットしやすいですよ。眉毛やヒゲのカットは飼い主さんの好みで切っても切らなくてもいいでしょう。

シャンプー

月1~2回のシャンプーが必要です。水をよくはじく毛質なので、根元までしっかりと濡らした後、スポンジにシャンプー液を付けてよく泡立てて洗います。仕上げにリンスをすると艶やかでしっとり美しい毛になりますよ。

バスタオルを何枚も使ってしっかり水気を拭き取った後、大型ドライヤーで乾燥させ、仕上げに普通のドライヤーを使うといいですよ。なかなか大変な場合はペットサロンなどにお願いするといいですね。

欠かせないしつけ

大型犬は成犬になると、力で人が制御できなくなります。このため、子犬の頃からしつけて人の指示を確実に聞く犬に育ててください。

・ツケの指示で人の左側について歩く
・スワレ、マテ、フセ、コイ、トッテコイなどの指示を聞けるようにしつける

こうした指示を聞けるようになればドッグランなどで自由に走らせても安心ですし、投げたものを取ってこさせるといった遊びができるようになります。

また「どこを触られても抵抗しない犬」にしておくと、動物病院で静かに治療を受けることができます。

さらに「ハウス」で自らクレートに入る訓練をしておくとスムーズに移動でき、留守番させる時も安全を確保しやすいですね。

車にも慣れさせておくといいですよ。動物病院に行ったり、遊びに行くなど、大型犬は車を利用して移動することが多いですよね。

車酔いの心配があるので最初は短距離からスタートし、徐々に車に乗せる時間を長くしていきます。長距離乗っていられるようになると、行動範囲がグンと広がりますね。

しつけは人の都合を押し付けるように感じるかもしれません。しかし、犬の安全を守りながら、人の社会で心地良く生活できるようにするために必要です。ゴールデンレトリーバーは利口で物覚えがよく、とても従順ですから楽にしつけられるでしょう。

必要な運動量はアスリート級

大型犬で苦労するのは「散歩」ではないでしょうか。ゴールデンレトリーバーは野山を駆け巡って鳥猟をしていた犬なので、体力がとても豊富です。1日最低2時間の運動が欠かせません。

ただ歩くだけではなく、自由に走り回る、他の犬達とじゃれあう、ボールなどを回収してくる(レトリーブしてくる)遊びなどが必要で、泳ぐ機会があると理想的です。

飼い主と一緒に遊ぶことが大好きなので、安全な広い場所でフライングディスクやボールなどを投げて回収させるような遊び、一緒に走り回る遊びも必要です。

水遊び、泳ぐ機会も与えてあげるといい全身運動になります。住宅密集地では難しいことですので、定期的に郊外へ連れ出してあげたいですね。

老後ケアも考えて

関連する投稿


自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

犬用リボンはトリミングサロンならではのサービスだと思っていませんか?自分でリボン付けができるようになると、好きなリボンを自由に選んで楽しめますし、イベントに合わせたリボンで注目の的になることもできますよ!そこで今回は、犬用リボンの付け方やコツについてトリマー目線で解説したいと思います。


【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

肛門腺絞りは犬のお手入れの中でも意識することは少ないかもしれません。でも、肛門腺がたまったまま放置してしまうと思わぬ病気につながる可能性もあるのです。そこで今回は、肛門腺絞りの必要性と、自宅でのやり方やコツについて解説したいと思います。


出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングというサービスはご存じでしょうか?自宅にいながら愛犬のカットをしてもらえると、近年ニーズが高まっているトリミングサービスの一つです。興味を持っている飼い主さんのために、出張トリミングを利用するメリットやデメリットを、トリマー目線でご紹介します。


健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

喜ぶからとおやつをたくさん与えていたら、いつの間にかコロコロに太っていたなんてことはよくある話です。犬のダイエット、正しい仕方はご存じですか?


理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

トリミングが必要な犬種の飼い主さんなら、愛犬のカットを思い通りに楽しみたいですよね。でも、いざトリミングに出してみると、希望していたスタイルとは程遠い仕上がりに…。これは一体どうしてなのでしょうか。そこで今回は、上手なトリミングの注文のコツをご紹介したいと思います。


最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


人気ランキング


>>総合人気ランキング