知っておきたい犬時間 犬の時間感覚とは

知っておきたい犬時間 犬の時間感覚とは

犬の平均寿命は私たち人間のそれよりもずっと短いものです。それゆえに、密度の濃い時間を一緒に過ごしたいものです。犬の立場から「時間」の使い方を考えてみましょう。


犬の平均寿命ってどのくらい?

犬の平均寿命はその犬種によって異なりますが、一般的には小型犬で12~14年、中型犬で10~13年、大型犬は7~11年くらいだと言われています。
もちろん、寿命は個体差が大きいので大型犬でも15年以上元気でいてくれる子もいます。

犬の年の重ね方も人とは違い独特の加齢の仕方をします。
小型犬は1年目で人間でいうところの20歳になり、次の年は8年プラスされ、その次の年からは4歳ずつ年をとります。
中型犬は、1年目で18歳になり、次の年は9年プラスされ、その次の年からは6歳ずつ年を取ります。
大型犬は、1年目で14歳になり、次の年から1年ごとに9歳ずつ年を取っていきます。
小型犬は加齢の最初の成長スピードが速く、ゆるやかに加速するのに対し、大型犬はゆっくり成長しますが、その後加速度的に加齢していくのがわかります。

また、小型犬・中型犬・大型犬のより細かな犬種の違いによっても、平均寿命は異なります。
昔から、雑種は長生きすると言われることもありますが、雑種は交配の組み合わせによって大幅に寿命が違う場合があります。
日本犬は丈夫な体つきであるため、一般的に日本犬のミックス犬は比較的長生きすることが多いと認識されています。雑種だから長生きするとは言い切れないので注意しましょう。

ちなみにギネス記録は

余談ですが、犬の加齢スピードを考えると、さようならをする日に思いが飛び、胸がきゅっと苦しくなる飼い主さんも多いのではないでしょうか。
平均寿命はあくまでも「平均」であって、平均寿命よりもずっと長生きをしてくれるスーパードッグもいます。

ギネスブックの長寿犬ランキングによると、1位はオーストラリアンキャトルドッグ(29歳と160日)、2位ビーグル(28歳0日)、3位ウェルシュシュープドッグ(27歳と317日)、4位ボーダーコリー(27歳と211日)、5位ラブラドールレトリーバー(27歳と98日)と続きます。日本で探すと、7位に柴犬ミックスのぷーすけ君の26歳と248日という記録があります。日本にもスーパードッグがいました。

犬にも時間の感覚があるの?

犬には時間の感覚がないという研究者もいれば、そうでないという人もいます。感覚的な問題を他者が判断するのは難しいものです。
ですが、飼い主さんは経験から犬にも時間の感覚があると感じる人が多いのではないでしょうか。
同じ時間になったらお散歩に行こうよと呼びに来たり、お留守番の時間が少し長引いてしまった時は、いつも以上に「おかえり!」の歓迎をしてくれたり、犬の行動には時間と関わりのあるものが多く、時間の感覚をきちんと、むしろ私たち人間よりも正確に感じ取っているようにも見えます。

正確に何時間待った、何日経ったということは分からないにせよ、時間の長い・短いを犬は感じ取っているように見受けられますが、皆さまはどのように想像されますか?

犬の感じる1時間は人間の時間で言うと何時間相当?

犬は私たち人間よりもずっと早いスピードで年齢を重ねていきます。その分、時間の流れも私たちよりもずっと早いスピードで進みます。
私たちの1日は24時間あり、その中で食事をし、働き、眠ったり遊んだり、沢山のことをこなします。

一般的に、犬の1日は7時間が単位だとされています。
朝9時に家を出て、夕方5時頃 家に帰るまで、犬にお留守番をさせたとします。それは、私たちで例えると、丸1日以上独りぼっちで外出することもなく、家の中で待たされているのと同じです。お散歩の時にしかトイレができない環境であれば、丸1日トイレを我慢することに相当します。
私たちが外出している時、犬は私たちが何をしているかを知りません。何時に帰ってくるかも、本当に帰ってきてくれるのかも不安なのかもしれません。

そんな風に、犬が体感している時間の感覚に思いを巡らせてみると、帰宅した時に犬がこれでもかというほど「おかえり!」と歓迎してくれるのも理解できます。
お留守番をさせることは、私たちが生活していく上で仕方がない部分もあります。だからこそ、一緒に居る時は、存分に甘えさせてあげたり、撫でてあげたり、愛情をもって接していくことが大切なのではないでしょうか。

雨の日のお散歩は、レインコートを着せたり、帰ってからのお世話もあって、本当に面倒に感じてしまうことがあります。
ですが、犬時間を理解してあげることで、お散歩をさぼらず、雨の日でも重い腰をあげてでかけてあげようという気になれます。

私たちの生活は大変忙しいものですが、1日かまってあげられないでいると、犬にとってはそれは約3日であり、2日連続でお散歩に行けない日があると、それは私たちが約1週間外出をしなかったのと同じことになります。
犬が感じるストレスをほんの少し分かってあげられるような気がしませんか?

関連するキーワード


飼い方 寿命

関連する投稿


自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

自宅でできる!犬用リボンのつけ方をトリマーが解説します

犬用リボンはトリミングサロンならではのサービスだと思っていませんか?自分でリボン付けができるようになると、好きなリボンを自由に選んで楽しめますし、イベントに合わせたリボンで注目の的になることもできますよ!そこで今回は、犬用リボンの付け方やコツについてトリマー目線で解説したいと思います。


【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

【お手入れ】肛門腺絞りのやり方とコツをトリマーが解説します

肛門腺絞りは犬のお手入れの中でも意識することは少ないかもしれません。でも、肛門腺がたまったまま放置してしまうと思わぬ病気につながる可能性もあるのです。そこで今回は、肛門腺絞りの必要性と、自宅でのやり方やコツについて解説したいと思います。


出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングを利用するメリット・デメリット

出張トリミングというサービスはご存じでしょうか?自宅にいながら愛犬のカットをしてもらえると、近年ニーズが高まっているトリミングサービスの一つです。興味を持っている飼い主さんのために、出張トリミングを利用するメリットやデメリットを、トリマー目線でご紹介します。


健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

健康的にダイエット!犬の正しいダイエットの仕方とは?

喜ぶからとおやつをたくさん与えていたら、いつの間にかコロコロに太っていたなんてことはよくある話です。犬のダイエット、正しい仕方はご存じですか?


理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

理想のカットに近づけたい!トリミングの注文のコツ

トリミングが必要な犬種の飼い主さんなら、愛犬のカットを思い通りに楽しみたいですよね。でも、いざトリミングに出してみると、希望していたスタイルとは程遠い仕上がりに…。これは一体どうしてなのでしょうか。そこで今回は、上手なトリミングの注文のコツをご紹介したいと思います。


最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


人気ランキング


>>総合人気ランキング