犬のしっぽの振り方から分かる。喜びから怒りまで犬の感情表現まとめ。

犬のしっぽの振り方から分かる。喜びから怒りまで犬の感情表現まとめ。

犬がしっぽを振っている姿を見ると、自分に心を開いてくれているのだろうと嬉しくなりますよね。しかし、しっぽを振っているのにワンワンと吠え続けられた経験はありませんか?実は、犬がしっぽを振っていても必ずしも喜んでいるわけではないのです。今回は、しっぽを振っているのに吠えられる理由と、喜怒哀楽の見分け方をご紹介します。


犬がしっぽを振りながら吠えるのはどうして?

犬はしっぽの状態で気持ちがわかると言われていますが、実際はしっぽだけでは判断がつかない場合が多いのです。しっぽを振って喜んでいるように見えるのに吠え立てるのは主に以下の理由が考えられるでしょう。

おねだり(左右に大きくゆったり動かしている)

犬はお腹が空いていたり、散歩に連れて行ってほしかったりと、何らかのおねだりをしているときに吠えることがあります。たとえば、飼い主が愛犬のご飯を用意していると後ろでワンワンと吠えられた経験があるかと思います。

これは、犬が飼い主に「お腹空いたから早くご飯ちょうだい!」と甘えて吠えているのです。甘えながらしっぽを振っているときは、左右に大きくゆったり動かしているのが特徴。吠えてはいますが、気持ちはとてもリラックスしています。

警戒している(しっぽの動きが早く、表情が険しい)

しっぽの動きが早く、表情が険しい場合は何かに怯えて警戒している可能性が考えられるでしょう。たとえば飼い主の友人や宅配便のお兄さんなど、家族以外の人が家に入るとしっぽを振りつつも大きな声で吠え立てることがあります。

愛犬にとって飼い主と暮らす家は大事な縄張りです。この縄張りに馴染みのない誰かが侵入したことで、縄張りと飼い主を守ろうと警告の犬で吠えているのです。

また、しょっちゅう訪ねてくる友人や配達屋さんの場合でも、縄張りに侵入してきたことを飼い主に教えるために吠えることも。そのときは気持ちがリラックスしているので、しっぽを振ったままになっていることがあります。

興奮している(激しくしっぽを振って吠え続ける)


大好きな飼い主が帰宅したとき、激しくしっぽを振って吠え続ける犬はとても多いです。これは、飼い主が帰ってきたことでテンションが高くなり興奮した状態になっている証拠。

あまりに嬉しくてテンションが上がってしまい、激しく吠えながらもしっぽを激しく振って嬉しさを表現しているのです。この時のしっぽの動きはブンブンと左右に早いのが特徴。

他にも人が大好きな犬だと、来客があっただけでも嬉しさで吠えながらしっぽを振ることもあるようです。また、しっぽだけでなく口を大きく開けてハアハアと息遣いが荒くなっているのも興奮している証拠です。

犬の喜怒哀楽はどうやって見分けるの?

犬のしっぽだけでは喜怒哀楽は正確に判断できません。それでは、しっぽ以外にどの部分に注目すれば犬の気持ちを理解できるのでしょうか?

犬が今どんな気持ちなのか、感情ごとの見分け方をご紹介いたします。

喜んでいる(クルクルと回転をしたり左右にゆっくりと大きく振る)

しっぽが長い犬だと、クルクルと回転をしたり左右にゆっくりと大きく振ったりします。また、大好きな飼い主をじっと見つめて期待したようなまなざしを向けているのも親愛の証。

耳先はしっかりと立っており、前のめり気味になっているのは喜んでいるときが多いようです。

怒っている/威嚇(体勢を低くして相手に激しく吠える)


自分のテリトリーに侵入者がいた場合や、しっぽを掴まれるなど不快なことをされると、体勢を低くして相手に激しく吠え立てます。表情もわかりやすく、鼻先にはシワが寄って牙を見せて威嚇することも。

特に飼い主以外の人間が手を伸ばすとかまれる危険性があるため注意しましょう。

怯えている/警戒(動きが硬く早く後ろに下がる)


しっぽの動きが硬く早いのが特徴です。また、目は一点を見つめず周辺をキョロキョロと見渡しているのも警戒の状態を表していると言えるでしょう。

喜んでいるときは前のめり気味にこちらへ向かってきますが、警戒中は後ろにじりじりと下がっていき、その場をあまり動こうとしないのも特徴です。耳は斜め後ろに倒れており、うなるような声を出すことがあります。

悲しい(たれ気味で、力なく左右に振る)


しっぽはたれ気味で、力なく左右に振ることが多いです。耳も垂れており、遠吠えをしたり「クーンクーン」と情けないような声で吠えたりするのが特徴。

大好きな飼い主に怒られたとき、悲しさと怒りが混ざって激しく吠えることもあります。また、お腹が空いてつらい、早く散歩に連れて行ってほしいなど飼い主の気を引きたいときもしっぽを力なく振りつつ悲しそうな声を上げます。

楽しい(ブンブンと回しながら、前足を前へ伸ばし腰を上げる)


しっぽをブンブンと回しながら、前足を前へ伸ばし腰を上げる姿勢をとります。他にも飼い主と遊んでほしくて、すがりつくように2本足で立ち上がってピョンピョンはねる犬もいます。

飼い主と遊びたい気持ちを全身で表現しているので、このときは積極的に遊んであげましょう。犬の誘いに応えてあげることでお互いの絆が深くなり、もっと仲良くなれますよ。

犬のしっぽから見る感情表現まとめ

確かに犬のしっぽは感情を表している部分ですが、他にも目や耳、しぐさなどで豊かに感情を表現しています。そのため、しっぽを振っているのに吠えられる場合は歓迎されていない可能性も。好意的にとって近づくといきなり噛まれる可能性もあるため、まずは警戒されていないか様子をうかがってください。

最新の投稿


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

クシャクシャ感がたまらない!シワシワな犬種10種

年齢を重ねるごとに増えるシワやたるみ…私たちにとって大きな悩みの種です。ところが、それが犬となるとなぜか可愛さが増します(笑)。今回はそんな愛嬌たっぷりのシワシワな犬のなかから10種を紹介したいと思います。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

犬や猫にも血液型はある?血液型によって性格は違う?・・・犬と猫の血液型について

私たちは自分の血液型を当然のように知っています。では犬や猫にも血液型はあるのでしょうか?言われてみるとあまり考えたことはないのではないでしょうか?ここでは犬と猫の血液型について説明したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


人気ランキング


>>総合人気ランキング